【充電機器】 PD急速充電器はどのくらい高速なのか? PAVpower RP-PC133編

機器

USB PD急速充電器 RP-PC133の実測 

 

買いなおした PAVPowerのPD充電器RP-PC133で、XPERIA 5を充電してみた。

 

 

スポンサーリンク

充電速度の実験

今回は充電状態を監視しするアプリAmpereを使用する。

 

スマホ電源は落とさずスリープ状態で電池残量 1%からスタート。

標準搭載の『いたわり充電』はONのまま。

 

  1. 被験機   SONY XPERIA 5
  2. 充電器   RAVPower RP-PC133
  3. ケーブル    Amazonベーシック USB Type-C 2.0 (1.8m) 5V / 3A
  4. 測定器   アプリ「AmpereⒸBraintrapp
  5. 測定日    2020年05月11日
  6. 室内気温    23.0℃

 

 

 

 

充電前のチェック

USBマルチメータ TC66にて最初の電圧のチェック。

(もちろんプロトコルトリガーはOFF)

 

スタート時間は 05:40。

 

マルチメータ TC66を経由した充電電流は 1500mAmaxしか流れていない。

以前の3機種をテストした時もRAVPowerPC-105だけ約1.5Aだった。

 

この時、AnkerのPD1やAUKEYのPA-D3は約2.4A台だった。

 

もしかしてTC66が足を引っ張ってる?

 

充電開始

マルチメータ TC66を外し、PD充電器 RP-PC133 を直接Xperiaに接続。

ケーブルはいつもの Amazonベーシック USB Type-C。

 

電流値は即座に2940mAまで上昇。

ケーブルが3A対応品なのでこれが本来の電流値のはず。

 

そのまま2900mA台を持続。

電池残量70%で1500mA前後に下がり、80%になったあたりから電流値は1000mA以下に下がって来た。

 

87%時には890mA。

 

電池残量99%では電流値が400mAに。

 

満充電後は350mAとなった。

充電が止まるわけでは無く、わずかに流れたままということである。

 

測定結果

充電開始は 05:40。

充電終了は07:23。

 

1%から100%までの充電時間は 1時間43分という結果だった。

 

 

まとめ

前回の AUKEY PA-D3(GaN) XPERIA 5を充電した時は 1時間50分弱だった。

 

条件が違うので正確な比較にはならないが、数分程度の違いはほぼ誤差範囲。

同程度の性能と言えると思う。

 

 

 

【追記】

AUKEY製品はいろいろ問題もあるようなので、現在はRAVPower製品で統一。

今やごく普通のPD充電器であるが数台とも壊れることも無く安定している。

 

※2022年4月

スポンサーリンク
スポンサーリンク
機器
無有²工作室
タイトルとURLをコピーしました