【充電機器】 PD急速充電器はどのくらい高速なのか? PA-D3続編

機器

USB PD急速充電器  PA-D3の実測 

 

前回は完電源をオフにして電池残量ゼロからの目視測定をした PA-D3充電器。

 

今回は「RP-PC133」実測テストと同様に充電状態を監視するアプリ「Ampere」を使用し、同条件にして再テスト。

 

電池残量は1%から。

 

 

スポンサーリンク

充電速度の実験

  1. 被験機    SONY XPERIA 5
  2. 充電器    AUKEY PA-D3
  3. ケーブル    Amazonベーシック USB Type-C 2.0 (1.8m) 5V / 3A
  4. 測定器     アプリ「Ampere」ⒸBraintrapp
  5. 測定日    202x年05月14日
  6. 室内気温   24

 

 

充電前のチェック

マルチメータ TC66で最初の電圧のチェック。

 

スタート時間は 01:20。

電流計負荷テスターUSB電圧電流 カラーLCDディスプレイ電流計電圧計バッテリー充電 Type C USBテスター IPSカラーLCDディスプレイTC66
電流計負荷テスターUSB電圧電流 カラーLCDディスプレイ電流計電圧計バッテリー充電 Type C USBテスター IPSカラーLCDディスプレイTC66

 

充電開始

PD充電器 PA-D3 を直接 Xperia 5に接続。

ケーブルはいつもの Amazonベーシック USB Type-C。

 

USB Type-Cを差し込むと、即座に2920mAで充電がスタート。

 

電池残量70%までは 2420mAから2960mAあたりを推移。

電池残量が70%を超えると1500mA以下まで下降して維持。

 

電池残量85%までは 1480-1490mA、85%を超えると900mA以下に。

そのまま95%までは 880-890mAあたりを維持。

 

電池残量94%から徐々に下降。

 

電池残量94%を超えると800mA。

 

電池残量95%では780mA~720mAに。

 

電池残量 96%時では700mA ➡ 97%では590mA ➡ 98%では520mA ➡

99%では440mA~350mAとゆっくり降下。

 

満充電時の瞬間は 310mA。

直後には290mAに。

 

満充電後は250mAを維持。

他機種と同じように、充電が止まるわけでは無くわずかに流れたままになる。

 

測定結果

充電開始は 01:20、充電終了は03:04。

1%から100%までの充電時間は 1時間44分という結果だった。

 

 

まとめ

スマホ・アプリのグラフを見ても、Aukey PA-D3RAVPower RP-PC133は似たような曲線を描いている。

 

電池残量70%まではMax状態で充電し、70%と85%あたりを境に充電電流が抑えられていることが判る。

充電の電流値が2900mA台なのはType-Cケーブルが3アンペアmaxのため。

 

カタログスペック値が同レベルの受電器を同条件で比べれば、メーカーによる差はほとんどない。

 

つまり性能自体の差は団栗の背比べなので、あとは見た目の好み(本体カラー、デザイン、インジケータの位置や色)と使いやすさ(重さ、プラグ脚部の折りたたみ機能など)で選べばOK 。

 

 

これからは「GaN (窒化ガリウム)」がスタンダードになってゆくはず。

GaN採用」の製品を選べば間違いなさそうである。

 

 

タイトルとURLをコピーしました