【充電機器】 シガーソケット充電器 ”PowerDrive カーチャージャー” PD対応

機器

車載│12VAnker Power Drive チャージャーPD│IQ    

 

PowerDrive❞はAnker社の12V用シガープラグ急速充電器。

クルマのシガーソケット(別名アクセサリーソケット)に挿して使うタイプである。

 

実際にどんなものなのか。

この2機種を試してみる。

 

  1. Power Drive+ Ⅲ
  2. Power Drive Speed+2

 

ⒸANKER PowerDrive+Ⅲ と PowerDrive Speed+2

 

※Power Delivery(=PD)対応 POWER DRIVEⓇ ⇒ 略してPD&PD。

 

 

 

👉メモ   充電器での用語をおさらい

Power Delivery(PD)・・・USB-IF団体が策定した最大100W受給可能な規格。

PowerIQ・・・ANKER社独自のUSB充電スマート機能。

Quick Charge・・・米QUALCOMMが開発したスマホ急速充電規格。

 

 

スポンサーリンク

1. PowerDrive+ Ⅲ

PowerDrive+は「PowerIQ 3.0」に対応した充電器。

 

「3.0」が対応できる最大出力は規格上100W。

でもこの充電器自体は2つのポート合計でmax50Wまでになっている。

 

仕様

  • PowerIQ 3.0(Gen2)搭載
  • USB PDにも対応
  • USB type-C ×2ポート
  • 最大50W(2ポート合計)
  • 小型軽量 約36mmΦ×76mmL/38g

 

開封

外箱はいつものANKERホワイト×ブルー。

大きさは横97mm×縦107mm×厚40mm(約)。

 

中身は充電器本体と説明書のみ。

 

外観

正面中央に「IQ3」のロゴが見える。

 

その上下にUSB Type-Cポートが2つ。

 

側面には「車載充電器、品番A2229、Input12V/24V…」などと書かれている。

 

サイズ

直径は約36mm。

 

長さは約69mm。

プラグ先端のプラス極を入れると76mmになる。

 

重さは約37g。

 

充電テスト

1.準備

1)充電ポート

IQ3.0の出力ポートは2つあり、どちらもUSB Type-C。

前面にプリント表示があるが、上側が最大30W、下側が最大20Wとなっている。

 

どちらでも良いのだが、スマホなら20Wで十分と思い下側ポートを使ってみる。

 

ちなみに、

Quick Charge」は米国QUALCOMMが開発したスマホ急速充電の規格。

USB-IF(USB規格推進団体)によるPD規格とは別物である。

またANKER社の充電器に見られる「PowerIQ」は”ANKER独自”の急速充電機能。

接続された機器に最適な電力を自動的に選択して充電する、というお利口な技術のことである。

 

2)親電源

直流パワーサプライにはToolkitRCP200

 

3)USBマルチメータ

電流値の計測にはUSB用のマルチメータが必要。

 

写真⇩ RUIDENG TC66 Type-C端子のテスター

 

このUSBテスターはプロトコルトリガーを備えているが、通常充電のテストなの、このスイッチはOFFにしてテストする。

 

※本体にあるPD印字はPullDownスイッチの意

 

4)一次電源の準備

P200にて電流値を5.0A、電圧値を12.0Vに設定。

 

机上でテストできるように、クルマ用アクセサリーソケットも用意。

 

P200からのプラス(+)とマイナス(-)をそれぞれクリップでつなぐ。

 

P200の左ジョグダイアルをクリックすると給電開始。

 

通電状態を示す青色LEDが点灯する。

 

5)スマホの準備

このカーチャージャーで充電テストするスマホ(Xperia)を用意。

 

Quick Charge3.0対応であるが、PDには対応していない旧機種。

 

テスト用スマホの充電池容量は2900mAh。

使用するUSBケーブルは2.4A仕様。

 

スマホの状態は、クルマでの使用を想定して通常モードのまま(画面スリープOFF、ネットワークON、いたわり充電ON)とした。

 

2.充電

今回テスト使用するスマホはPD未対応。

充電器にあるポートは2つともPD対応のType-Cになっているが、PD非対応スマホなので当然、PD充電は行われない。

よって、PowerIQによる自動判断に任せて充電されることになる。

電池残量5%から充電を開始。

 

電圧値は約9Vから始まっている。

実際の電流値は1.3A~1.5A以下。

 

Type-Cポート出力が最大20Wなので、20W÷9V≒2.6A

 

途中経過。

84%までにかかった充電時間は100分(約1時間40分)。

 

84%あたりから一気に減速。約5V、0.5A~0.6A。

 

やっと満充電。

 

5%から100%までの充電時間は約140分(2時間20分)だった。

ちっとも急速ではないのは、恐らくスマホ側の能力のせい?

 

 

2. PowerDrive Speed+ 2

PowerDrive SPEED+ 2「PowerIQ 2.0」と「PD」を備えたモデル。

 

PD専用ポートはUSBのType-C、PowerIQ2.0はUSB3.0になっている。

PD=Power Delivery

ⒸANKER Power Drive Speed+ 2

仕様

  • Power Delivery 専用ポート (USB Type-C)
  • PowerIQ 2.0搭載 (USB3.0 A)
  • 最大48W(PD最大30W、IQ2.0最大18W合計)
  • 小型軽量 約36mmΦ×76mmL/40g

 

開封

外箱の大きさは横97mm×縦107mm×厚40mm(約)。

 

外観

上にPDポート、下にIQ2.0ポート。

 

正面のUSBポートを除けば、大きさも形もPOWER DRIVE+Ⅲとほぼ同じ。

 

サイズ

直径は約36mm。

 

長さは約69mm(先端のプラス端子を除く)。

 

重さは約40g。

 

充電テスト

1.準備

1)充電ポート

この充電器には、PD用のType-Cと通常PowerIQのType-Aの2口がある。

今回のテストでは、以下の2通りを行う。

 

① PD未対応のスマホをあえてPDポートで充電

PowerIQポートによる通常の急速充電

 

2)親電源

直流パワーサプライは同じくP200

そして車載シガーソケット。

 

3)USBマルチメータ

USBテスターTC66も用意。

 

ケーブルをつなぎ、パワーサプライP200の電源を入れ12.0Vを給電。

 

PowerDrive Speed+2も青いLEDリングが光る。

 

4)テスト用スマホ

テストに使うスマホは前回と同じ、充電池容量は2900mAhでPD非対応。

 

クルマでの使用を想定して、画面スリープOFF(点いたまま)、ネットワークON、いたわり充電もON。

使用するUSBケーブルは2.4A仕様。

 

2.PDポート充電

電池残量は5%。

 

初期の電圧値は約5V、電流値は1.4~1.5Aでスタート。

 

途中経過。

 

電流値は0.7Aまで落ちている。

 

87%までにかかった時間は108分(1時間48分)。

 

満充電までは151分(2時間31分)。

 

3.PowerIQポート充電

次にIQ2.0ポート(USB3.0)をテストしてみる。

 

使用するUSBケーブルは同じ。

 

USBテスタTC66がType-Cのため、充電器のUSB-Aにはそのまま挿せない。

なので、USB-A↔USB-typeC の変換コネクタを中継する。

 

写真⇩ Mcdodoの変換コネクタ(右)は5V/3A対応タイプ。

 

P200給電ケーブルとシガーソケット+充電器PowerDriveをつなぎ電源ON。

 

充電スタート時の電圧値は約9V、電流値は1.3~1.4A。

 

途中経過。

 

50%までの充電時間は約33分。

 

85%までの時間は82分(1時間22分)。

 

電圧値は6.5V、電流値は0.6Aまで抑えられている。

 

満充電までは130分(2時間10分)。

 

 

 

まとめ

充電テストをまとめた表。

PowerDrive+ Ⅲ PowerDrive Speed+ 2
充電ポート PD/IQ3.0 (Type-C) PD (Type-C) IQ2.0 (USB3.0)
電圧/電流(開始時) 8.9V/1.36A 5.0V/1.45A 9.1V/1.37A
充電85%まで 100分 105分 82分
充電100%まで 140分 151分 130分

 

Speed+2 PD専用ポートでの充電について。

 

先ずはPD非対応の古いスマホでの実験であることを再確認。

その上でPDポート充電をしたが、何のメリットもなく時間がかかるだけだった。

非対応の機種をここに挿しては時間の無駄。

 

Speed+2 PowerIQポートでの充電はどうか。

 

PowerIQ3.0(Gen2)とPowerIQ2.0の大きな違いは、PDに対応しているか否かである。

よってPD充電しないなら3.0でも2.0でも同等の結果になるのでは、と想像したのだがちょっと違った。

 

今回のテストではIQ3.0(PowerDrive+Ⅲ)よりも下位のIQ2.0(PowerDrive Speed+2)の方が速く充電できた。

同じIQ技術のはずなのに何故だかよく解らない。

 

結論としては、PD対応のスマホと非対応の旧スマホどちらも充電したい場合、PowerDrive Speed+2 の方が良い結果となった。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
機器
無有²工作室
タイトルとURLをコピーしました