【道具 #35】赤外線放射”A&D AD-5634 デジタル温度計”使い方 #1

道具

エーアンドデイ AD5634非接触│接触│基本操作  

 

工作や修理に必要な工作室の道具を紹介する第三十五回め。

 

今回は『放射温度計 AD-5634』

 

前回(HIOKI FT3701)と同じグリップ型の”赤外線放射の温度計”。

こちらは距離対範囲(D:S)がちょっと高精度なモデル。

 

ⒸA&D

 

 

スポンサーリンク

AD-5634 特徴

 

特徴

  • D:S比=60:1(最大)
  • 2点レーザーマーカー機能
  • バックライト機能
  • 放射率の設定が可能
  • 上限値/ 下限値のアラーム設定が可能
  • 「最高」「最低」「平均」「差分」の温度表示が可能(連続測定時)
  • 別売のKタイプ熱電対温度センサーを接続して測定可能
  • 内部メモリに24個までの測定データを記録可能
  • Micro SDHCカード(1GB)に約3,140万のCSVデータを保存可能

 

仕様

エーアンドデイ社の放射温度計(携帯グリップ型)には、AD-5614・5616・5618・5619・5635など幾つかのモデルがある。

 

今回その中から選んだのが AD-5634

AD-5634
測定温度範囲 -35.0~1500℃
分解能 0.1℃(-35.0~999.9℃)/1℃(1000℃以上)
測定確度 -35.0~-0.1℃ ⇒ ±(2℃+0.05×表示値)

0.0~1500℃ ⇒ ±2%表示値 または ±2℃ のうち大きい方

応答時間 約1秒(90%)  連続測定は約0.5秒間隔で更新
測定波長 8μm~14μm
距離対測定径 60:1 (最小測定径2.5cm/1.5mまで)
照準 2点レーザーマーカ(クラス2 1mW 赤色)
表示モード MAX・MIN・DIF・AVG
内部メモリ 24データ保存
micro SDHCカード 4GB~32GB対応 (約251,658,240データ保存@8GB)
SDカード保存間隔 放射温度計:1秒間隔  K熱電対:2秒間隔
機能 上限下限アラーム、バックライト、オートパワーオフ
オートパワーオフ 約1分
電源 単3乾電池×2
連続使用時間 約70時間 (レーザーマーカ、バックライトOFF)
寸法 W58×H203×D176mm
重量 約426g(電池込み)
付属品 キャリングケース、取扱説明書、単3乾電池2本

USB-A↔mini-Bケーブル、CD-ROM、micro-SDHCカード

その他 別売のKタイプ温度センサーにも対応

 

測定範囲

AD-5634は、距離:範囲径の比が60:1の機種。

 

これは3m離れた対象物を径5cmの範囲で測定できる精度。

6m離れた場合なら径10cmの範囲になる。

 

D:S=100:1以上の高精度機よりは劣るが、ほとんどが12:1の廉価モデルに比べれば中級クラスになる。

ⒸA&D

 

 

AD-5634 概観

1  開封

スリーブ状のダンボール包装。

ⒸAmazon

 

製品はハードケース収納状態になっている。

 

ケースを開けた様子。

 

AD-5634本体と付属品

 

2  付属品

取扱説明書、USBケーブル(PC接続用)、CD-ROM、microSDカード、単3乾電池。

 

1.CD-ROM

AD-5634本内蔵時計を調整するためのプログラムが入っているCD-ROM。

時間調整は、PCとUSBケーブル(A↔mini-B)を介して行う。

 

今どきCR-ROMが付属するのも珍しいが、A&Dサイトからダウンロードもできる。

 

A&Dサポート・ダウンロードのページ

 

 

2.取扱説明書

付属の取扱説明書は、全ページ日本語の小冊子。

(抜粋)

ⒸA&D

ⒸA&D

ⒸA&D

 

詳しくは・・・エー‣アンド・デイ AD-5634 取扱説明書(PDF)

 

3  外観

1.サーモメータ本体

全体がダークブルー、各部にブラック×イエローの配色。

 

右側面。

 

液晶表示部と操作ボタン。

 

液晶部分の大きさはヨコ32×タテ44mm。

 

赤外線センサ部分。

中央奥が対物レンズ、その上下にレーザーマーカ照射口。

 

受光部の筒内は、内壁が凸凹形状になっている。

 

左側面にある黄色の”コネクタカバー”内には、はmicroSDカードやUSB(mini-B)などの各ポードが並んでいる。

 

右側面の形状のポートは”Kタイプ熱電対温度センサ”(別売)の端子。

 

グリップエンドには三脚などに対応した1/4インチねじ穴がある。

ちょっとネジ穴が浅いのが難点。

 

2.キャリングケース

全体が真っ黒のプラスチック製ハードケース中央にはモデル銘板。

 

持ち手側には、スライド式のロック。

 

ケースを開けた様子。

 

上部は波型の軟質ポリウレタンフォーム(スポンジ)。

 

下部は硬質ポリウレタンフォームの型くり抜き。

 

4  サイズと重さ

1.サーモメータ本体

大きさは約203mm×175mm。

 

胴部分の幅は約58mm。

 

グリップ部分の幅は約44mm。

 

受光レンズ部分の内径は約Φ25mm。

 

レーザー照射口の距離は約45mm。

 

重さは電池込みで429g。

 

2.キャリングケース

横352mm×縦296mm×厚101mm(約)。

 

重さは949g。

 

 

AD-5634 使い方

1  電池

本体のグリップ部分に乾電池を入れる。

単3乾電池2本を使用。

 

製品にはTOSHIBA製の単3乾電池が付属しているが、ここはPanasonicを用意。

 

グリップ蓋(黒色)を下にスライドさせるようにして開く。

 

電池を入れると、自動的に電源がオンになって表示が出る。

 

元通りにグリップ蓋を戻す。

 

2  操作部と表示部

電源は測定スイッチ=トリガーを一瞬引くことでオンになる。

 

測定スイッチ(トリガー)をそのまま1秒以上引くと、温度が計測される。

ⒸA&D

 

液晶表示のアイコンと数字の意味は以下の通り。

ⒸA&D

 

3  放射率の設定

測定する対象物によって”放射率”が異なるため、測定前にサーモメータ側で”放射率の設定”をする必要がある。

 


放射率=物体が熱放出する赤外線エネルギーを数値化したもの


 

 

今回はテスト対象として、付属のハードケース(プラスチック)を測定してみる。

 

『放射率表』によれば、プラスチックの放射率は「0.8~0.95」となっている。

これに従って本体の照射率設定を変更する。

 

初期設定では、放射率は[E 0.95]に設定されている。

※画面下段の表示

 

これを変更するには、まず”放射率変更モード”にする。

 

中央の黄色い[MODEボタン(六角形)]を1回押すと、画面下段のモード表示が[↓E↑]に変わる。

 

この状態で、

左の[▼ボタン(小さい六角形)]を押すと数値がマイナス側に変わる。

右の[▲ボタン(小さい六角形)]を押せば数値はプラス側に変わる。

 

0.01ステップで変更できる。

試しに、▼10回押して[0.95]から[0.85]に変更してみた。

 

4  温度測定

1.随時測定

放射率を設定したら、対象物に向けてスイッチ(トリガー)を引くだけ。

 

トリガーを引くと、およそ0.5秒ほどの応答速度で温度が表示される。

トリガーを離すと、自動的に測定値がHOLD表示されたままになる。

 

2.連続測定

連続して測定したい場合は”LOCK機能”を使う。

これは測定スイッチ(トリガー)を引きっぱなしにするのと同じ動作。

 

LOCK機能は右下の[LOCKキー]を押すことでONになる。

 

※[LOCKボタン]と[▲ボタン]は兼用 (小さい六角形)

 

LOCK中は、トリガーを引かなくても連続して温度を計り続ける。

 

写真⇩ すでに測定を始めているので「28.4℃」が表示されている

 

LOCK中でも、トリガーを引くとレーザーマーカが照射される。

※レーザーマーカをONにしている場合のみ

 

レーザーマーカのON/OFF方法は次項で。

 

5 レーザーマーカ

レーザーマーカは、測定対象が数メートル離れている場合に用いる。

赤い2つの点が照射されるので、レンズが向けられている部位を目視確認できる。

 

設定方法は、測定スイッチを引きながら、

 

左の黄色[▼ボタン]を1回押す。

 

画面の左上にマークが表れ、レーザーマーカ照射がONになる。

 

約60cm離れて測定してみた様子。

 

プラスチック製ケースの、どの部分の温度を計っているのかが一目瞭然。

 

ちなみに距離1.5mまでは、測定範囲径2.5cmくらいになっている。

(赤いレーザーマーカの内側)

 

レーザーマーカ照射をオフにしたい場合は、再度同じ操作(トリガーを引きながら[左▼ボタン]を1回押) をすると解除できる。

 

6  バックライト

液晶表示にバックライトを点灯させることができる。

 

測定スイッチ(トリガー)を引きながら、

 

右の[▲ボタン(六角形)]を1回押すとバックライトが点灯する。

 

バックライトは淡い水色系。

 

バックライトモード中は画面上部に💡アイコンがつく。

 

バックライトモードを解除したい場合は、再度おなじ操作をする。

 

 

7  各種モード

測定中または測定後に”表示モード”を切り替えて各数値を確認できる。

 

1.モードの種類

モードは10種類。

 

MAX・MIN・dIF・AVGなどモード表示順は下表の通りに表示される。

ⒸA&D

 

2.モード変更

電源オン時の初期画面では[E (放射率=Emissivity)]になっている。

 

[MODEボタン(中央の黄色六角形)]を1回押すと[↓E↑]の放射率設定モード。

 

もう1回押すと[MAX(最大温度)]モード表示になる。

 

写真⇩の例では37.8℃を示している

 

さらに1回押すと[MIN(最小温度)]モードを表示。

 

写真⇩の例では27.6℃

 

さらに1回押すと[dIF(最大と最小の差分)]モードを表示。

 

写真⇩の例では10.2℃

 

さらに1回押すと[AVG(平均温度)]モードを表示。

 

写真⇩の例では31.6℃

 

3.アラーム設定

上記の[AVG]モードの次に進むと[アラーム設定]モードに移る。

 

“アラーム”は、上限と下限の温度を決めておくことで、その閾値を超えると音で知らせてくれるという機能。

ⒸA&D

1)上限アラーム

中央のMODEボタン(黄色の六角形)を押して、画面下のモード表示を[HAL(High-Alarm)]にすると、上限アラームの設定ができる。

 

設定数値は、左右にある▼▲ボタンで変更する。

 

写真⇩の例では「1600℃」の設定

 

2)下限アラーム

画面下のモード表示を[LAL(Low-Alarm)]にすると、下限アラームの設定ができる。

 

写真⇩の例では「マイナス35℃」の設定

 

4.熱電対センサ

その次にある[PRB]モードでは、オプションのKタイプ熱電対センサを使って、表面や深部の温度測定をすることができる。

 

写真⇩ 熱電対センサが未装着の場合は[no P]と表示される

 

別売の熱電対センサには、棒(シーズ)タイプや面タイプなど用途別に各種ある。

 

今回用意したのは、 表面温度用の”接触面タイプ”熱電対センサ AD-1217

1)AD-1217 概観

内容は熱電対プローブ本体と説明書のみ。

 

センサ先端からグリップエンドまでの長さは約145mm。

 

センサ先端には保護キャップ付き。

 

センサ部分。

 

AD-5634付属のキャリングケース凹みに、何とか無理やり入れられるサイズ。

(ケーブルははみ出す)

 

2)AD-1217 準備

形の接続プラグをサーモメータ側部の入力端子に挿入して使用する。

 

何かにぶつけると壊れてしまいそうな、不安になるデザイン…。

 

サーモメータAD-5634の電源を入れたら[MODE変更ボタン(六角形)]を数回押して[PRB]モードにする。

 

[PRB]にするとすぐ熱電対センサが測定を始め、数値が画面の下段に表示される。

 

写真⇩ 先端センサ周りの温度=26.6℃が表示されている

 

3)AD-1217 測定

テスト1・・・ 非接触と接触の同時測定

カッティングマットの放射温度を計ってみる。 ※非接触測定

 

測定トリガーを引いて測定すると表面の温度は「26.6℃」。

 

ここで液晶画面を見てみると、下段にもう1つ[PRB 26.7」という表示がある。

これは熱電対センサ周りの温度、つまり気温が表示されている。 ※接触測定

 

これはこの機種の特徴の1つ、2系統の測定をW表示ができるため。

トリガーを引いて計る”非接触測定”と熱電対センサで計る”接触測定”を、それぞれ独立して測定し、表示する。

 

テスト2・・・非接触と接触の温度差

PC内のメモリ(SDRAM)の表面温度を、放射熱と熱電対の2通りで計ってみる。

 

まずは放射熱の”非接触”から。

 

プラスチック部分なので放射率を「0.95」に設定して測定。

結果は「41.7℃」。

 

同じ部位を熱電対センサで”接触測定”。

結果は[PRB 41.6℃]となった。

 

今回の場合、非接触と接触の差は「0.1℃」ということになる。

 

参考までに、監視ソフト[CORSAIR iCUE]上の数値は「42.35℃」だった。

 

どれが正解とは判断し難いが、全てが誤差1℃以内に収まっているので、十分許容範囲かと思う。

 

5.メモリ機能

AD-5634本体内に24のデータ(測定温度と放射率)を一時保存することができる。

1)保存

手順① 測定スイッチ(トリガー)を引いて温度を計測。

※写真⇩ 27.6℃

 

手順② [MODEボタン]を9回押してモード表示を「M 00」にする。

 

手順③ それからもう一度トリガーを引くことで「M 01」に保存される

 

手順④ 次の測定をする時は[MODEボタン]を押してモードを「E」に戻す必要がある。

 

手順⑤ 次の保存をする場合は、同じ操作をして新しいデータを保存する。

(トリガーで計測→[MODEボタン]で保存モード「M 00」→トリガーで保存)

 

👉ポイント・・・新しいデータはいつも「M 01」に入る

 

※写真⇩ 新しい測定データ 28.6℃「M 01」

 

2)呼び出し

手順⑦ 前データを呼び出す場合は「M」モードにして▼▲ボタンで選ぶ

 

写真⇩ 「M 02」を呼び出すと、前回保存した「27.6℃」が表示される

 

24個のデータを保存すると「M 01」から「M 24」まで各々数値が出る。

 

データが保存されていない場合は「—-」表示になる。

 

3)消去

手順⑦ 保存データを消去する場合は▼▲ボタンを左右同時に押す

 

写真⇩ データが消去されると「M」のナンバーが「00(ゼロ)」になる

 

👉メモ1・・・電池を交換すると本体メモリのデータは消去されるので注意

👉メモ2・・・microSDカードを使えばCSVデータとして保存することができる

 

 

 

参考資料

 

【参考】エー‣アンド・デイ 放射温度計について 測定原理解説(PDF)

 

 


 

次回は『使い方#2』で 内蔵時計の設定microSDカードへ保存 を試す予定。

タイトルとURLをコピーしました