【道具 #17】 TAMIYA│タミヤ “ミニ四駆スケール” タニタ│精密はかり

道具

TANITAコラボミニ四駆 精密スケールレビュー    

 

ステイホーム=家の中でできるコトを探りつつ始めた DIY工作室

興味の趣くまま作ったり直したり弄ったりしていく中で、揃えた道具や工具などを紹介。

 

第十七回は重さを計る『精密スケール』タミヤカラー・バージョン。

 

 

スポンサーリンク

ミニ四駆スケール

TAMIYAミニ四駆のメンテナンスツールという位置づけで販売されているハカリ。

 

中身は計測機器で超有名なタニタ製。

タニタ×タミヤ ⇒ タニヤ?タミタ?と呼ぶべきコラボ・モデル。

 

視やすい大きな液晶とポータブルな小さな本体が特徴。

 

パッケージの幅は約171mm、高さ約245mm、厚み約33mm。

 

特徴

  ★最大2kgまで計測可能

  ★0~200gまでは0.1g単位

  ★文字高28mmのデジタルディスプレイ

  ★水洗い可能なシリコーンゴムカバー付き

  ★壁掛けできるスライド式フック付き

  ★幅130mm × 高さ27mm × 奥行196mm

  ★信頼の株式会社タニタ

 

 

 

開封

 

1.内容

本体の他、説明書と単4電池が付属している。

 

タミヤの品番は67315、タニタの品番はKD-192。

各社どちらのオンラインサイトでも購入できる。

 

TAMIYAタミヤ ONLINEショップは ➡ こちら

TANITAタニタ オンラインショップは ➡ こちら

 

2.サイズ

本体の大きさは幅130mm×奥行196mm×厚み27mm

 

計量皿の大きさは約127mm×127mm

 

液晶表示窓の大きさは横70mm×40mm

 

表示部は大きめで見やすい。

これにバックライトも付いてたら最高なんだけど…。

 

シリコン製カバーの大きさは130mm×130mm

 

計量

1.電池

電池は単4乾電池を2本使用する。

説明書にはマンガン乾電池、アルカリ乾電池どちらでもOKとある。

 

2.電源

右端のボタンを押すと電源がONになる。

 

8888表示が888-88-8と変わっていき「0」になれば計量スタンバイ。

起動時間は約3秒。

 

計量

ただの秤なので使い方も何もない。

ただ計ってもつまらないので、今も使っているキッチン用スケール TANITA KD-320と比較してみる。

ⒸTANITA

 

比較

KD312は最大大3kgまで計測可能で、0~300gまで0.1g単位で貼ることができる。

3kgまで計れることが日常では結構便利である。

 

ただ大きさも幅150mm×奥行210mmと大きめなので、ポータブルというより据え置き型になる。

 

せっかくなのでお互いを計り合ってみる。

ミニ四駆スケール KD-192-TM の重さは361g(シリコンカバー込み)。

 

キッチンスケール KD-320 WH の重さは452g。

 

同じフィギュアを0.1g単位で計ってみる。

まずTAMIYAの方から。  

 

次はTANITA

 

結果の数値は同じ。

「同じモノなら同じ重さで当たり前」なのだが、同じ値は正確な証拠でもある。

 

ついでにシリコンカバーの重さ。

 

 

 

 

まとめ

TAMIYA別注のこの秤はたぶんタニタのクッキングスケールKJ-212と想われる。

違いはカラーデザインだけ、仕様や機能はまったく同じ、定価も同じ。

KJ-212 ⒸTANITA

 

使用感

良いところ

重さを計るだけの道具なのだから、計れればいいと言えばそれまでだが、全身ブラックにタミヤマーク★☆入りのデザインはそれなりにカッコイイ。

ミニ四駆や工作好きななら持っていたくなる。

 

良いのは見た目だけじゃない。

長く使っても性能を維持してくれる耐久性も大事。

 

タニタ KD-320の例で言えば、10数年使っているがほぼ正確な計測している。

もちろん電子機器なので丁寧に取り扱うようにしてはいるが、それでも壊れていないのは素晴らしい。

2000円台でこの品質なら十分。

 

良くないところ

・・・は特にはない。

あえて挙げるなら、現在はTAMIYA直販TANITA直販でしか購入できないところ。

定価は3,850円。

同じ定価のKJ-212(ミニ四駆スケールと同等品)はAmazonで2500円である。

 

まとめ感想

「ミニ四駆」仕様ということなら、持ち出しも考慮して「防水機能」や「バックライト機能」があれば便利だと思う。

 

またこのミニ四駆(KD-192)サイズのままでMAXの3kg/0.1g単位で計測できれば云うこと無し。

 

今後の新機種に期待したいところ。

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました