【道具 #16】 L型直角定規 “台付きサシガネ & スコヤ” 黒鉄色│おすすめ 3選

道具

L台付き 指矩 & スコヤ3メーカー     

 

ステイホーム=家の中でできるコトを探りつつ始めた DIY工作室

興味の趣くまま作ったり直したり弄ったりしていく中で、揃えた道具や工具などを紹介。

 

第十六回は『スコヤ』

 

90度を測ったり線引きしたりするL字型の定規で「台付き指矩」「スコヤ」などとも呼ばれる。

 

机上で使いやすい20~30cmサイズ そしてブラックにこだわって選んでみた。

 

 

 

スポンサーリンク

指矩とスコヤについて

指矩

指矩は「さしがね」と読み、曲尺とも呼ばれる。

L字型をした金属定規で、(通常は)全体が同じ厚みの1枚板からできている。

 

使い方は、定盤や作業台など平面上に置いて平行線や直角線を引く。

または目盛りで材料の長さを測ったり直角寸法を確かめたりする。

 

スコヤ

英語の「SQUARE(スクエア) RULER」から訛った和製英語。

なのでたぶん漢字名は無い。

 

L字型をした金属定規なのは「指矩」と同じだが、L字型の短辺側(=妻手)に厚みを持たせた“土台”を備えているのが特徴。

 

その厚みを利用し、材料のカドに引っかけて正確な平行線や直角線を引ける。

逆に土台の厚みがあるため、指矩のような平面上での線引きには不向き。

 

 

黒い直角定規

指矩もスコヤもL字型の似た様な形状をしている。

どちらも、L字の長辺側を「長手」、短辺側を「妻手」と呼ぶ。

 

黒いサシガネ

シンワ測定  フラットスコヤ 62359

1.外観

目盛りサイズは300mm×200mm

実寸は305mm×205mm

 

長手の幅は約38.3mm。

 

妻手の幅は約25.5mm。

 

厚さは1.27mm。

長手も妻手も一体で同じ。

 

重さは147g。

 

2.特徴と使用例

材料の1辺(直線であることが条件)に妻手をやや斜めに引っかけるようにして、長手で直角線を引いたり測ったりする。

 

平置きにして、対象物の大きさ(タテ×ヨコ)を一目で測ることもできる。

 

黒いスコヤ

1. BAHCO  9045-B

1)外観

BAHCO 9045には B-200/250/300/400 4種類の長さがある。

こちらはB-200で、目盛りは長手のみに200mm

実寸は220mm×170mm

 

※以下 9045-B-200モデルの場合

 

長手の幅は約40.2mm。

 

妻手の幅は約42.2mm。

 

長手の厚みは1.5mm。

 

妻手の厚みは12mm。

 

重さは160g。

 

2)特徴と使用例

材料の1辺(直線であることが条件)に妻手土台を引っかけて、長手で直角線を引いたり測ったりする。

 

BAHCOの特徴は2つ。

 

定規の幅があり目盛りの印字が大きめなので読み取りやすいこと。

そして“45度ガイド”がついていること。

 

妻手土台を基準にして45度の線も引ける。

 

台座で自立させられるので、スコヤ2本で球体の直径を測る補助もできる。

 

2. Woodraphic  PRECISION SQUARE M200

1)外観

Woodraphic SQUAREには M100/200/300 と 4ich/12inch がある。

こちらはM200で、目盛りは長手のみに200mm。

実寸は205mm×130mm

 

※以下 M200モデルの場合

 

長手の幅は約30.0mm。

 

妻手の幅は約35.2mm。

 

長手の厚みは2.0mm。

 

妻手の厚みは14.1mm。

 

重さは163g。

 

 

2)特徴と使用例

材料の1辺(直線であることが条件)に妻手土台を引っかけて、長手で直角線を引いたり測ったりする。

 

※通常のスコヤ& BAHCOと同様

 

Woodraphicの特徴は1mmピッチで“マーキングガイド”穴が付いていること。

 

妻手土台を滑らせながらシャープペンなどで平行線が引ける。

 

目盛りが「10,20,30~」とあるだけでなく「5,15,25~」表示もあるのは親切。

しかし印字も小さく穴は1.0mmピッチで並んでいるので、目がチラ付きどの穴がどの目盛りか判らなかったりする。

 

使いこなすには視力と慣れも必要。

 

 

 

 

まとめ

金属シルバーがほとんどの指矩&スコヤの中で、あえて真っ黒カラーを選んでみた。

艶消しの黒地に白文字の目盛は、室内照明の乱反射も少なく読みやすかった。

 

3種それぞれのに特徴で選ぶなら次の通り。

 

平置きで使いやすいのはシンワの指矩。

まず内直角部の目盛が読みやすい。

内側にモノを置けば、縦と横の概寸法がすぐ見てとれるのも便利。

価格も700円前後と手頃。

 

材料に平行線を引く用途に限れば Woodraphic

慣れればスイスイ平行線が書ける。

難点は妻手のアルミがゴツく厚いのでバランス的に重く感じる。

 

目盛りが読みやすいのはBAHCO

例えば他社は1cmの目盛を「10」mm表記しているが、BAHCOは「1」cmの表示。

そのため目盛りの数字がごちゃごちゃしないで読み取りやすい。

(もちろん慣れも問題もある)

3本の中、一番マットな仕上がりで素材感も好み。

長手の幅が広く妻手(台座)とのバランスが取れている。

 

 

結果、1本だけという条件ならシンワのフラットスコヤがお勧め。

土台付きスコヤならBAHCO

さらにBAHCOが2本あればいろいろと便利。

 

Woodraphic何より価格が高いことがマイナス。

BAHCOの3倍ほどする。 ※参考 US$69.97

平行線を引く「ガイド穴」は確かに便利だが、価格相応かと言えば・・・

予算ある人、趣味次第ということになるかと。

 

Ⓒ Woodraphic Precision Square 200mm

Woodraphic Precision Square 200mm @ Amazon.com

スポンサーリンク
スポンサーリンク
道具
無有²工作室
タイトルとURLをコピーしました