【インテリア】鏡面│ディスプレイ “ミノルキューブ” コレクションケース

模型

立方体ケースMINORU CUBEWAVEターンテーブル  

 

フィギュアやミニカーの展示に使うディスプレイケース。

 

今回は「6面クリア」の透明感がウリの“ミノルキューブ”の秘密を探る。

 

 

スポンサーリンク

ミノルキューブとは

ミノル化学工業は「東大阪ブランド」のプラスチック製品の会社。

継ぎ目が無い全面クリア(透明)ケースが有名。

 

特徴

  • 6面が閉じられた凹凸のないケース
  • 立方体や直方体などサイズは数種類 ※下記
  • 台座がなく継ぎ目もほぼ目えない
  • made in Japan

 

種類

1.立方体

S ・・・65×65×65mm (59×59×59mm)

L ・・・ 97×97×97mm (91×91×91mm)

LL・・・130×130×130mm (124×124×124mm)

 

2.直方体

S ロング  ・・・65×65×97mm (59×59×91mm)

L ロング  ・・・97×97×162mm (91×91×156mm)

 

※ ( )は内寸法

※ 板厚は3mm

 

ミノルキューブのカタログは ⇨ こちら

 

 

ミノルキューブ サイズ

立方体のミノルキューブには L LL がある。

 

写真⇩ 左がLサイズ、右がLLサイズ。

 

今回は、waveのミニ・ターンテーブル(TT-03)を入れるのにちょうど良いサイズということで、「Lサイズ」を選択。

 

外観

1.開封

ビニルで個包装されている。

 

開け方は図の通り。

 

字型の2つの枠が対90度でハメ込まれる構造になっている。

 

2.測定

キューブの外寸は97mm×97mm×97mm。

 

重さは約163g。

 

ちなみに、蝶プラのベースボールケース(84×84×97mm)、

ソフトボールケース(126×126×142mm) と並べるとこんな感じ。

 

 

ミノルキューブ + OP

ターンテーブル 準備

1.サイズ確認

ミノルキューブLにターンテーブルTT-03を入れてみる。

 

 

1/64 Hot Wheelsミニカーも置いてみる。

 

全体的イメージとして、ほぼ希望通りのサイズ感である。

 

2.ターンテーブル 小改造

1)防音対策

ターンテーブルの中でも動作音が小さいTT-01TT-03

それでも深夜など静かな環境になると、かすかに音が聞こえることも。

 

「この小さなターンテーブルをいつもデスク上に飾っておきたい」

という思いで、ノイズ対策もしておくことにした。

 

防音については、過去記事の過程で4つの要素があることを学んだ。

 

関連の過去記事は ⇨ こちら

 

ターンテーブルごとケースの中に入れることで遮音対策になる。

さらに、台座を伝わる微振動を減らすための防振対策を施すことに。

 

防振材は、滑り止めの“GRIPLUS”ステッカー。

これをターンテーブル底に貼って防振材代わりにする案。

 

ターンテーブル側面。

 

底板は電池蓋にもなっているが、無くても機能的に変わらないので取り外す。

 

底板の厚みは約2.7mm。

 

GRIPLUSの厚みは0.5mmほどしかないので、実際の防振効果は気休め程度カモ。

 

ただ見かけ上は、外した底蓋との差でマイナス2.2mmのローダウン化にもなる。

 

外周に幅2.5mmに切ったGRIPLUSを貼る。

 

ミノルキューブ内に仮置きしてみる。

 

このGRIPLUSのグリップ力はなかなかスゴくて、45度ほど傾けてもターンテーブルが滑り落ちない。

 

2)展示台ミラー

waveターンテーブルTT-03のテーブル面を大径ミラー仕様にする。

 

用意したのはΦ80mmの鏡。

 

TT-03のテーブル径は約59mm。

 

鏡板の径は、実測で 径79.43mm×厚1.86mm。

 

重ねると、ミラー板の大きさの違いが判る。

 

このΦ80mmミラー板をTT-03のターンテーブルに乗せ、正確に中心を出して、極薄の両面テープ等で固定する。

 

後で剥がしたい時に困るので、仮止め程度の接着力で十分。

 

TT-03本体にテーブルを装着する。

 

ミノルキューブ内に置いてみる。

 

キューブの内寸は、▢91mm。

 

およそ5mmの余裕があるので、Φ80mmも違和感なく納まる。

 

ミノルキューブ 準備

1.ミラーシート

ミノルキューブにはオプションで専用の”ミラーシート“が用意されている。

 

ミラーサイズは▢90mm。

 

内寸91mmのキューブ内面にピッタリのサイズ。

 

2枚セットになっているので、キューブの2面に配置できる。

 

ミラーシートを仮置きして、TT-03ターンテーブルを入れてみた様子。

 

実際にシートを貼っていく前に、貼り付け順番の予行。

 

底面ミラーを先に貼ってしまうと、側面ミラーを貼る際に、角が浮いた状態になってしまうことがある。

 

なので、これを避けるために貼る順番を確認。

 

    ①先ず側面からミラーを貼る

    ②下の角にすき間ができないようキューブの底辺に合わせる

    ③その底辺に合わせるように側面ぴったりに底面ミラーを貼る

 

 

手順を確認したら、エアダスター缶で念入りにキューブ内面のホコリを掃う。

 

間髪入れず、すぐにミラーシートを貼っていく。

 

👉注意

ミラーシートを貼る際に手間取っていると、ミラー粘着面にホコリがついてしまう。

 

実は一度失敗をしてホコリが取れなくなってしまった(下写真)。

 

粘着面についてしまったホコリを除去できないか、セロテープを使ったり、ピンセットで摘まんだり色々試してみたが…

結局は余計に汚くなるだけでキレイにできなかった。

 

もちろんキューブ内の鏡面には影響しない。

しかし、キューブの外から掃除した痕跡が丸見えになってしまうのが身窄らしい

 

写真⇩ 失敗例…この小さなゴミがケースの外から丸見えになってしまう

 

スマホの保護シート同様、裏紙をはがしたら即行で貼付けを終えなければならない。

 

側面に1枚、底面に1枚、計2枚のミラーシートを貼り終えた様子。

 

ホコリを入れることなく貼れば、キューブ外から見ても「艶消し銀」がキレイ。

 

その後、表面の保護フィルムを剥がして、、

 

キューブを組み立てれば、一連の作業の完成。

 

 

ミノルキューブ + ディスプレイ

組み合わせ

Φ80mmミラー化したTT-03ターンテーブルを入れてみる。

 

ちょっと注意したいのは、成型時のゲート跡があること。

 

2個それぞれに1か所ずつあるので、この部分が目立たないよう向きに注意したい。

 

展示例

Hot Wheels 1/64 TESLA CYBERTRUCK

 

Hot Wheels 1/64 Batmobile

 

 

おまけ

フィギュアの固定に”セメダインBBX“を使ってみた。

 

接着剤とは違い、乾燥後はグミ状になって展示物を固定できる、という粘着材。

 

透明のやや黄味がかった色をしている。

 

説明書には「室温23℃で7分放置」とある。

 

実際に使う前に、説明書の数値を参考にしながら乾燥の具合を計ってみた。

 

作業時の環境は室温が27℃、湿度が40%前後。

 

「23℃で7分以上」とのことなので、10分放置すれば大丈夫だろう、

と思ったのだが実際は表面が固まりきらず、ピンセットで挟むと糸を引いてしまう。

 

写真⇩ 10分ではフィギュアを立てていられない柔らかすぎ粘度

 

そこで改めて、10分放置、30分放置、60分放置とテストピースを作って実験。

 

結果、同環境下では60分以上の放置してやっと、表面だけ固まったようなゲル状&中身が柔らかいままの状態になった。

 

写真⇩ ミノルキューブ専用ミラーの裏紙(ロウ紙)を再利用

 

ミニカーの固定には、この60分放置したBBX片を使用。

 

フィギュアの足はとても小さいので直接BBXを点付け、やはり1時間以上放置した。

 

BBX固定で飾り直したHot Wheels 1/64ミニカーとフィギュア。

 

グミ状で柔らかく展示品を傷つけず、またクリア系なので目立つこともない。

また少々ケースを揺さぶっても展示品が動いたりしない。

 

👉注意

説明書によると「長期保存はできない」との記述が。

 

一度キャップを開けると、先からどんどん中へ硬化が始まってしまう?らしい。
なので、このセメダインBBXを使う際は、空気に触れる時間を減らす配慮が必要。

 

例えば、
①キャップを開けっ放しにしない
①キャップを開けている時間を最短にする
③保管する時は 数cmくらいBBX液を(ケチらず)捨ててから即キャップを戻す
という様な注意を払う必要がある。
出来れば、乾燥材入りの密閉容器に入れておけば尚Good👍

 

 

 

まとめ

初めて使ってみたミノルキューブについてまとめてみた。

 

良いところ

  • 説明の通り継ぎ目が目立たなく美しい
  • はめ込み式なのでケースを持ち上げても開いてしまうことがない
  • 立方体なので同サイズなら隙間なく連段飾りができる
  • OPミラーシートで高級感がUP
  • 密閉されるので電動ターンテーブルのノイズがほぼ無い
  • 約600円のキューブ&約400円のミラーシートはお値打ち

 

良くないところ

  • 継ぎ目のないデザインは美しいがアクリルの平滑性には劣る
  • サイズが数種類しかない
  • 位置を配慮されているが成型ゲート跡が目立つ
  • UVカット加工がされていない
  • 「貼り直し可」のミラーシートだが見映えを考えると一発勝負

 

まとめ感想

現状では最大でも97×97×162mmの大きさしかないのが残念。

▢150mm、▢180mm、200mm~など、もっと大きなサイズが欲しいところ。

 

しかし、隙間もなく、つなぎ目も見えず、キレイな六面体はやっぱり美しく、コレクションをカッコ良く魅せてくれるのは確か。

 

流石「メイド・イン・ジャパン」と思えるケースである。

 

 

タイトルとURLをコピーしました