【ヘッドホン】 massdrop × KOSS “KSC75X” パーツ構成│チェック

ヘッドホン

massdropKOSS KSC75X部品│分解   

 

ブラック一色にまとまったDROPKOSSKSC75ヘッドホン。

 

今回はパーツ分解をしてその構造を調べてみる。

   

 

スポンサーリンク

Massdrop × KOSS KSC75X 外観

KSC75Xの開封

180×67×46mmの紙箱パッケージ。

 

箱の中はブリスターで包装されている。

 

通常版のKSC75massdrop別注のKSC75Xの外観比較。

※ケーブルのOリングは後付け

 

KSC75Xのパーツ

1.ボディ

ノーマルKSC75のはボディが半光沢シルバーで耳掛けハンガーは半透明。

対して、このKSC75Xは全体がブラックで統一されている。

 

ハンガーもクリップワイヤーもブラックで、ノーマルとは印象が全く違う。

 

イヤーパッド側、裏面。

 

イヤーハンガーのある側面。

 

イヤーパッドを含んだ外径はおよそ50mm。

2.ケーブル

ケーブル長は、プラグ根元までで約120cm。

3.5mプラグは45度のL字型で4極。

 

リモコン部分の長さは20mm。

 

massdropのロゴがある。

ちなみにロゴがあるのはココだけ、ヘッドホン本体には無い。

 

ケーブル径は2mm。

 

3.イヤーハンガー

硬めの金属ワイヤーを樹脂製のハンガーが覆うように取り付けられている。

 

ハウジング中央にピボット状の可動部分があり、ハイジングが動く仕組み。

 

KSC75Xの重さ

全体の重さは41g。

 

ドライバユニット片方の重さは約17g。

 

KSC75Xの仕様

ドライバ: オープンタイプ

周波数特性: 15 Hz–25 kHz

ハウジング:直径 重さ(イヤーパッド込み)

耳掛けハンガー:最大幅 約68mm  重さ 約6g

ケーブル長:1.2m

全重:41g  ※実測値

リモコン:電話対応

 

Massdrop直販は➡ こちら

 

 

Massdrop × KOSS KSC75X 分解

ドライバユニットを中心にKSC75Xを解体していく。

 

ドライバユニット外部

1.イヤーハンガー

可動ピボットパーツ部分。

 

真上に引っ張るとカンタンに外せる。

 

イヤーハンガーの裏側とハウジング。

 

イヤーハンガーの最大幅は約66mm。

この部分は軸ワイヤーを広げたり狭めたり調節できるのであくまで参考値。

 

イヤーハンガーの厚みは約5.4mm。

 

2.イヤーパッド

イヤーパッドはスポンジ製。

ハウジングケース周りにあるトゲトゲ針に引っかかるように装着してある。

 

乱暴に引っ張るとスポンジが破れてしまうので、トゲトゲより上に持ち上げてから横にズラす要領で外して行く。

 

ドライバハウジングの表面。

 

そして裏面。

 

ハウジング外径は約44.6mm。

 

ハウジングの厚みは約9.8mm。(基盤カバー含まず)

 

ハウジングユニット内部

1.基盤カバー

ドライバ基板の上に別パーツのカバーがある。

 

ネジや接着剤は使われていないので、持ち上げれば取り外せる。

 

先細ピンセットやマイナスドライバーなどで隙間を広げる。

 

基板カバーの表面。

 

そして裏面。

裏面にある2本の凸ピンでハウジングと固定されているだけ。

 

2.ドライバ基板

こちらは左側Lチャンネルのドライバハウジング。

 

Lチャンネルのケーブルは緑色と銅色の2本線。

 

緑色のワイヤーがプラス(+)、基板の赤マーク端子にはんだ付けされている。

銅色のワイヤーがマイナス(-)、赤マークと対象の左にはんだ付けされている。

 

薄黄色のパテの様な接着剤が見えるが、その下には基板の配線があるらしい。

ここもバラして観察してみたいところ。

 

3.ドライバのプロテクター

振動板を見るためハウジング・フレーム中央にあるプロテクターを外す。

外し初めはちょうどケーブルが出ているところにある溝がやりやすい。

 

ここに先の細いツールを差し込んで、プロテクターを持ち上げるようにする。

 

1か所だけ接着剤らしき部位があったが、ゴム系なのか伸びるので簡単に外せた。

 

外したプロテクターの裏側と、ドライバの振動板。

 

プロテクターを戻す時は、1か所あるツメに注意する。

ハウジングフレーム側には、ツメの入る穴がある。

 

4.振動板

振動板フィルムはとても薄い。

 

説明にある「Titanium element delivers」とあるのでチタンのフィルム?

少し触っただけでもペコペコ凹む、まるで薄いアルミ箔。

 

この振動板フィルムの中身を確認したい・・・

けど剥がしたらたぶん復旧は難しそうなので、今回は我慢しておく。

 

参考までに分解に使った工具類はこちら。

 

 

パーツの重さ

1.イヤーハンガー

 

2.ドライバーユニット

 

3.ドライバーユニット(プロテクター無し)

 

4.基板カバー

 

5.ケーブルのみ

 

6.イヤーパッド

 

 

 

 

まとめ

ノーマルKSC75の音質・性能をそのままに、外観を刷新したDROP75X

 

元モデルの針金が透けて見えちゃう半透明ハンガーはかなり安っぽく見えるのだが、このmassdropバージョンはダークカラーで渋くまとまっているので、ちょっとオシャレである。

 

分解するのは割と簡単にできた。

構造が判れば改造するのも出来そうな気がしてくる。

 

『mmcxコネクター改造』や『ハウジングの音域改善』といった記事も見たことがあるので、いつか試してみよう。

タイトルとURLをコピーしました