【ミニカー】床でも│コースでも “ホットウィールRC 1/64 サイバートラック”【トイラジ】

模型

MATTELHot Wheels RC CYBERTRUCK開封│分解

 

初回(#1)の Hot WheelsⓇ 1/64 RCカーは “NISSAN RC GT-R R35” だった。

 

#1の過去記事は ➡ こちら

 

#2の今回は “Tesla CYBERTRUCK“を開封~分解してみる。

 

 

スポンサーリンク

Hot WheelsⓇ RCとは

特徴

  • 通常ベーシックなHotWheelsと同じ約3インチサイズ
  • 2.4GHz帯ラジオコントロール
  • ステアリング機構はなく後輪を制御する2モーター式
  • ブーストボタンで速度アップ
  • 車体にはリチウムポリマー充電池を内蔵
  • 送信機プロポには単3乾電池が必要
  • 専用プロポからコード給電で車体に充電可能
  • 床の上でもトラックセットの上でも走行可能

 

車種

本国アメリカでは2020年(下半期)くらいに登場したHot WheelsⓇ RC

日本では2021年春に第一弾として ’17 NISSAN GT-R(R35) とこのCYBERTRUCK

 

2022年以降も、2020 Chevrolet CORVETTE C8 とこのThe BATMAN BATMOBILETesla ROADSTAR などがリリース。

 

 

Hot WheelsⓇ RC CYBERTRUCKの概要

1  開封

1.パッケージ

パッケージは紙製で中身が見える窓がついている。

 

大きさは(約) 横155×縦216×厚81mm。

 

パッケージ裏。

 

ちなみに、パッケージは2020年当初と現在のモノでは少しだけデザインが違う。

 

写真⇩ 左が2022年製、右が2021年初期の物。

 

表はまったく一緒、裏面の表記に少し違いがある。 

 

2.内容

今回は2022年製のモノ。

 

内容品は4点。

 

Hot WheelsⓇRC 1台、コントローラ1台、トラックにつなぐレール1個、説明書。

 

説明書は日本語。

 

いわゆる地図折りにした一枚の紙。

 

漢字にはフリガナがあって親切。

 

RCカーはトラック・パーツと共に台紙に固定されている。

 

タイヤ部分に止められている輪ゴムを外すor切ると、ミニカーを取り出せる。

 

コントローラは台紙にオレンジ色の固定部品でとめられている。

 

全部を広げるとこんな感じ。

 

2  概要

1.外観

サイドからの全観。

 

フロント面とリア面。

 

ボディ上面とシャシー裏面。

 

2.サイズと重さ

 

全長は約72mm。

 

全幅は約30mm。

 

全高は約24mm。

 

後輪のタイヤ外幅は約31mm。

 

前輪のタイヤ外幅は約30mm。

 

重さは23.0g。

 

 

 

Hot WheelsⓇ RC CYBERTRUCKの分解

1  シャシーの分解

シャシー裏にある2本のビスを外す。

 

ビスの凹穴が狭いので、軸の細いプラス(+)ドライバーが必要。

 

ボディは一体成型なので、シャシーとは二分割に別れる。

 

Hot WheelsⓇ RCカーのボディはプラスチック製が標準仕様になっている。

 

ウインドウも透明でなく、全体が真っ黒の一体成型。

 

2  基板まわりの分解

1.前輪とバッテリー

前輪ウィールはシャシーに乗せてあるだけなので取り出しておく。

 

バッテリー(リチウムイオン充電池)は両面テープで基板に貼られている。

 

2.モーターマウントの分解

シャシー後部にあるモーターマウント。

 

モーターマウントの上蓋はハメ込み式なので、隙間にマイナス(-)ドライバーなどを挿し込んで捻れば外れる。

 

上蓋側に2つのモーターが組み込まれている。

 

下受側にはリアウィール&タイヤ。

 

後輪ウィール軸も乗せてあるだけ。

 

3.モーターのサイズ

モーターの直径は6mm。

 

長さは14.3mm。

 

モーター直付のピニオンギヤの歯数は7枚。

 

4.受信機基板の分解

バッテリーの下にあるのが受信機の基板。

 

中央にプラスチックの支柱?があって、その頭を溶かして固定されている。

 

基板を外すにはプラ支柱の頭を削り取るしかない。

 

これでシャシーと受信機基板+モータユニットが分離できた。

 

 

5.シャシーのサイズ

CYBERTRUCKのシャシー部分の長さは約67.6mm。

 

幅は23.4mm。

 

ウィールベースは約47mm。

 

GT-Rが約45mmだったので2mm長いことになる。

 

6.ウィールのサイズ

前輪タイヤの外径は約13mm。

 

後輪タイヤの外径は約14mm。

 

前輪後輪とも、外幅(=軸長)は29mm。

 

車軸径は約1.2mm。

 

後輪ウィールと一体成型になったスパーギアの歯数は24枚。

 

外せるパーツを全て分解したCYBERTRUCK

 

 

Hot WheelsⓇRC CYBERTRUCKの復元

バラしたパーツを順に組んで復元する。

 

1    モーターユニットの取り付け

1.リアウィール

軸受けパーツの位置に注意してリアウィールを乗せる。

 

2.モーターマウント

次にモーターマウントを元通りの位置にかぶせる。

 

4か所の固定穴があるので、きちんとマウント蓋が閉じるまで押し込む。

 

2  基板まわりの組み込み

1.受信機基板

基板を元の位置に戻す。

 

中央の固定ピン?の頭を削ってしまったので、そのままでは基板が浮いてしまう。

 

なので、極小ビスを使って固定しておく。

 

固定ピンの外径は約2.3mmなので、それより小さめM1.6ビスとワッシャを用意。

 

M1.6ビスの下穴はΦ1.3mmで。

 

M1.6のマイクロビス+ワッシャをねじ込んで基板を固定。

 

2.バッテリー

リチウムイオン充電池を基板上に両面テープで貼る。

 

3  フロントまわりの組み込み

1.フロントウィールとアンテナ線

フロントウィールを納めたら、車軸に干渉しないようにアンテナ線を渡す。

 

4  ボディの取り付け

ボディをかぶせて、最後はビス止め。

 

ビスはM2径で細く、またボディのネジ穴も柔らかい。

なので、決して強い力でネジ込まない様に注意。

 

復元完成。

 

まとめ

前回の『GT-R R35』に続く2台めのHot Wheels RC『CYBERTRUCK』。

部品構成はほぼ同じでシンプルな構成になっていた。

 

ただシャシーの形に関してはちょっと違いがある。

 

①シャシー底クリアランスの高低差。

②ウィールベースの距離差。

 

このあたりのシャシーの違いについて、次回詳しく調べてみる予定。

 

写真⇩ CYBERTRUCKとGT-Rの高低差

 

 

次回は『ホットウィールRC 1/64 サイバートラックとGT-R シャシー比較』。

タイトルとURLをコピーしました