【インテリア】癒し系│月あかり“LED 月形ライト”ペンダント タイプ

雑貨

LED調光月球儀ランプ吊下げタイプ   

 

前回からのつづき。

 

数ある月形のLEDランプの中から、「月球儀ぽい」「リモコン付き」「コードレス」という条件で選んだ3つ月形ランプ。

 

  • TOOGE 15cm  ポータブルタイプ 2色
  • DTOETKD 15cm ポータブル&ペンダントタイプ 16色
  • LOGROTATE 18cm ポータブルタイプ 16色

 

今回は「ペンダントライト」にもできるDTOETKD MOON LIGHT

 

 

 

スポンサーリンク

‎ DTOETKD MOON LIGHT

仕様

大きさ:15cm(ほかに18cm、24cm)

材質:ランプ本体/3Dプリンタ PLA製、 台座/木製

電源:micro-USB充電、500mAh リチウムバッテリー

重さ:15cmの場合 264g  ※実測値

調光:リモコン付き、本体タッチセンサー、16色 9段階調光

 

操作

本体底部に操作パネルがある。

各操作は「タッチ式スイッチ」と「リモコン」両方でできる。

 

1.本体スイッチ

メインの主電源スイッチはプッシュ式。

主電源ONのあと、タッチセンサー式とリモコンが反応するようになる。

 

1)タッチ式スイッチ ON/OFF

初めのタッチでON=暖色が点灯。

以降タッチする毎に>赤>緑>青と変わり16色巡ってからOFFになる。

すぐOFFには出来ないのでメインを切るしかない。

 

2)タッチ式スイッチ モード切り替え

タッチスイッチを連打すると自動変色モードに入る。

ただ説明書に記載がないので、弄りながら探るしかない。

反応が悪いのか(記載がないので)方法が間違ってるのか、モードが切り替わらない時があって、調節がとてもやりにくい。

判らなくなったらメインOFFで最初の普通点灯に戻るしかない。

 

2.リモコン

リモコンは明るさ+-に加えて、「W(白)」「R(赤)」「G(緑)」「B(青)」に色調ボタンが独立しているので、ボタン1つで16色を選べる。

また『FLASH』『FADE』など4つのモードも個別のボタンになっている。

 

外観

1.開封

 

「ご順調にお祈りします」?

 

ビニル包装も何も無くライト本体が突っ込んである。

ライトの下に付属品が入った小箱。

 

2.内容

左から、リモコン・木製の台・吊下げフックとひも・説明書・充電ケーブル。

 

説明書は蛇腹折り。

表が英語、裏が日本語になっている。

 

3.組み立て

スタンドは木製。

 

L字型の部品3本を組む。

 

スタンドに月ライトを乗せるとこんな感じ。

 

4.充電

micro-USBケーブルが付属。

 

タッチスイッチ下に充電口がある。

充電時間は2-3時間。

 

充電が始まると全体が赤く光る。

 

充電が終わると消灯する。

 

5.点灯

1)タッチ式スイッチ

まずメインの主電源を入れる。

 

プッシュ式になっていて、電源を入れると押し込まれたままになる。

 

主電源を入れた後にタッチパネルを押すと点灯する。

 

点灯する色の順番は決まっていて、16色が一巡した後でOFF(消灯)になる。

明るさ調節は本体ではできない。

 

2)リモコン

大きさは約52mm×85mm

明るさ9段階(※下記参)、16色を直接ボタン操作可能。

タイマーは15分/30分/45分/60分の4種類。

 

6.調光

リモコン操作で色を変えてみる。

 

RED系列

1番上の赤から2番目の橙、5番目(最下段)の黄色。

 

GREEN系列

1番上の緑から2番目の黄緑、5番目(最下段)の水色。

 

BLUE系列

1番上の青から2番目の青紫、5番目(最下段)の赤紫。

 

WHITE

明るい状態の白。

 

暗い状態の白。

明るさ調節は8段階。

※取説には「9段階」とあるがリモコン操作では8段階しかできなかった

 

7.自動モード

自動で色を変えてくれる4つのモードが備わっている。

 

  FLASHモード 

 

  SMOOTHモード 

 

  FADEモード 

 

  STROBEモード 

 

8.造形

3Dプリンターによる造形。

実際の月の黒っぽく見える部分(海、湖)を、ランプのシェル(外殻)の厚みを変えることで表現している。

(他社と同じ手法)

 

暗い“海や湖”がレリーフ状に盛り上がっていて、高地の部分が低く造形されているため、このDTOETKDでもやはり違和感がある。

 

やや3Dプリンターのフィラメント線状が残っているのが残念。

それでもTOOGE製の粗いフィラメント跡よりはずっとマシ、テカリも無い。

 

9.吊下げフック

針金のフックと吊り紐が付属している。

 

操作パネルに吊りフックを掛ける穴があいている。

穴の幅は41mm。

 

吊下げてみた。

当たり前だが、操作パネルが上になるので、月の模様的には上下が逆に。

気になる人は気になる。

 

10.計測

直径はほぼ15cm。

 

重さは264g。

 

台座の大きさは約8.5cm角。

 

重さは65g。

 

 

DTOETKD MOON LIGHT まとめ

【外観について】

このランプも他社同様、月球儀とし見るのは難がある。

実際の月で「海」「湖」と呼ばれている黒く見える部分、そのほとんどは高地ではないのだが、この3Dプリンター造形では肉盛りした台地になっている。

LED透過光の印影を濃く出すためである。

間近で見ると、そのあたりにかなりの違和感がある。

 

【ランプについて】

LED点灯で浮き出る月面の濃淡シルエットは、月ぽく見える。

次記事のLOGROTATEに比べると若干、造形の凹凸が浅めの感じがするので、点灯時の印影も薄めに見える。

 

さらに気になるのは底にある操作パネル。

 

はっきりと2重の影が出来てしまって、下方からの眺めは興覚めである。

吊下げれば見えないだろう?と思いきや、横からでも判るレベル。

 

【操作パネルのねじ】

この操作パネル、4か所のネジで固定されているように見える。

中がどうなっているか覗きたくなった。

 

しかし残念ながら、接着剤も使われているようで、外すことはできなかった。

 

【リモコンについて】

TOOGE、DTOETKD、LOGROTATE 3つ中ではこのリモコンが一番使いやすい。

通常モードの16色選択も、自動変色モードも、1つのボタン直感的に操作できる。

 

【まとめ】

3Dプリンターの精度が甘く、LED点灯時の印影もややぼんやりしている。

 

ペンダントライトにできる仕様は、正直これも微妙。

満充電でも最高10-12時間。

いちいち充電してスイッチ入れて吊るして使うのか?と言えば疑問なところ。

逆さまに吊るせば「月」も逆立ちになるし、色んな意味で中途半端である。

 

総合評価は

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました