【生活雑貨】 SWITCH│サウンドバー周り “ケーブル収納ボックス” ACアダプター│タップ│ケーブル

雑貨

SWITCHモニタ周りの電源&ケーブル整理整頓する方法

 

SWITCH用の外部スピーカーとしてYAMAHAのSR-C20Aを購入。

いろいろ試した結果、USB経由の有線接続とした。

 

過去記事は ⇒ こちら

 

今回はYAMAHAサウンドバー+SWITCHドック+EIZOモニター+スイッチ付き電源タップ周りの乱雑なケーブル類をどうにかする。

 

 

スポンサーリンク

電源ケーブル収納ボックス

1  電源タップ

SWITCHドック、EIZOモニター、YAMAHAサウンドバーそれぞれの電源オンオフを一括管理できるようにしたい。

また使わない時は小まめにOFFにして節電もしたい。

 

そこで数々あるスイッチ付き電源タップの中から、下記の条件で絞ってみた。

  • 一括ではなく個別スイッチなこと
  • 4口以上あること
  • インジケータLEDが目立ちすぎないこと
  • できればUSB端子付きなこと

 

条件を全て満たしているのがこちら。

 

写真⇩ SAYBOUR 個別スイッチ付き4口タップ

 

2  ACアダプターとケーブル類

YAMAHAサウンドバー『SR-C20A』はコンパクトな60cmサイズがウリの1つ。

 

しかし約102mm×55mm×33mmのACアダプターが邪魔な大きさ。

 

SWITCHドックのACアダプターも約66mm×48mm×36mmの大きさがある。

 

個別スイッチのON/OFF操作が頻繁にあるため、電源タップは机上に置きたい。

 

そうすると、2つのACアダプター、電源コード、SWITCHドックにつながるHDMIケーブル、3.5mmステレオケーブルが全て、机の上でごちゃごちゃに。

 

写真下⇩ これはちょっと見苦しい

 

 

3  収納ボックス

この乱雑なケーブルの整理に用意したのが TATSU-CRAFTケーブルボックス

 

Mサイズで色はブラウン。

 

大きさは、横幅320mm×高さ126mm×奥行110mm

made in Japanの木製。

 

内側の有効寸法は、横幅305mm×高さ110mm×奥行95mm。

 

スイッチ付き電源タップ、SWITCHSR-C20AのACアダプター、ケーブル類を全て納められる容積がある。

 

写真⇩ 背側を上にして内部を撮影

 

背板はスライド式。

 

ケーブルボックスの正面。

SWITCHドックを上に乗せてみた。

 

ケーブルボックスの天板側。

ごちゃごちゃのケーブルがボックス内に収まってスッキリ。

 

ケーブルボックス正面には、中のスイッチ等を操作できるよう開口部がある。

 

薄暗い部屋でも、開口部から電源タップのインジケータ(青色LED)が確認できる。

 

色はブラックブラウンの2色。

サイズは(320×110×126)と(390×146×126)の2種類がある。

 

 

まとめ

 TATSU-CRAFTは木製の収納ボックスなどを作っている日本メーカー。

以前“ピンセット立て”を探している時に、ちょうど良いペンスタンドを見つけたのもタツクラフト製だった。

 

写真下⇩ 『バスク ペンスタンド S16』。

 

過去記事は ⇒ こちら

 

 

足元でケーブルをまとめるプラスチック製ボックスも使用中だけど、

今回は木の机上に置くため、木製の方が馴染みそうに思い選んでみた。

 

最近は木製のモノもあるのでありがたい。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
雑貨
無有²工作室
タイトルとURLをコピーしました