【GAME周辺】 外部スピーカー “YAMAHAサウンドバー” 設置方法 【SWITCH】

機器

YAMAHA SR-C20ASWITCH外部スピーカー にする Part 1

 

モニターの買い替えで予備機になった“EIZO EV2785

 

ゲーム機SWITCH用のモニターにすることにしたのだが

“内臓スピーカー”の音はお世辞にも良いとは言えない。

 

ⒸEIZO

 

Windowsのイベント音やアラーム程度ならまあ許せるが、音楽を聴いたりセリフを聞いたりできる音質ではないのが残念。

ゲームであってもBGMや効果音は重要なので、ちゃんとしたスピーカーが欲しい。

 

そこで小型のサウンドバーを外部スピーカーにすべく探してみた。

 

 

スポンサーリンク

サウンドバーの条件

今流行りの小型サウンドバー。

モニター下でも邪魔にならないサイズでそこそこ音も良いらしい。

今回は「27インチモニター下」に据え置く予定。

 

  • EV2785モニターの横幅 611mm以内であること
  • サラウンド機能があること
  • リモコン操作できること
  • 出来る限り少ないケーブル配線なこと
  • 高価過ぎないこと

 

検討した機種たち。

 

 

数ある小型サウンドバーの中から選んだのがヤマハの『SR-C20A』。

ⒸYAMAHA

 

YAMAHA SR-C20A 仕様

  • 寸法:幅600×縦64×奥94mm
  • IN:光デジタル│アナログ3.5mm│Bluetooth ver5.0
  • OUT:HDMI (TV用)
  • 出力:L/Rスピーカー20W + サブウーファ30W
  • コーデック:SBC│AAC 受信
  • 消費電力:13W
  • 待機電力:0.4W (HDMI・Bluetoothスタンバイ)
  • 重量:1.8kg
  • リモコン:あり

 

 

SR-C20Aの設置

開封

各社から出ている60cm級サウンドバーの中でもSR-C20A(1.8kg)は軽い方であるが、それでも廉価な海外商品に比べると重さを感じる。

 

上蓋を開けると、まず中央にリモコンや説明書の入ったビニル袋。

 

性能には関係ないが、ビニル袋や保護シートのテープ止めに“折り返し”がついていて剥がしやすく配慮されている。

 

付属品

内容は上から、

説明書と保証書、リモコン、電源アダプターとコード、光ケーブル、壁取付け部品。

 

設置

サウンドバーを置く場所は、PCモニターEV2785の画面下にしたい。

 

しかしEIZOモニターのスタンド(丸型)がある。

 

このため、モニター下に出っ張らず収めるには、ベース上に乗せるしかない。

 

そこで、サンドバー自体に“足”を付けることにした。

モニターのベースに干渉しないようにしよう、足をつけて底上げすることにした。

PCモニターのベース厚は約11mm。

これをクリアできるよう、高さが15mmほどあるオーディオ機器用の台を探した。

 

写真⇩Mugast というメーカーのアルミ製のオーディオ機器用ベース。

 

直径は約49mm。

 

厚みは約17mm。

 

裏側にはゴム製Oリングがはめ込まれている。

 

SR-C20Aサウンドバーへの貼付けは薄い両面テープ留めとした。

 

位置はこのあたりへ。

 

約40mmの円形に切り出した両面テープで貼付け。

 

写真⇩ アルミベースを取り付けたSR-C20Aサウンドバー

 

性能は判らないが、見た目はオーディオ機器ぽく見える。

サウンドバーの高さは、約80mmになった。

 

もちろんモニターのベースには干渉せず、無事モニター下に収まっている。

 

 

次は ゲーム機SWITH+SR-C20Aの接続方法 へ。

 

 

タイトルとURLをコピーしました