【PC】 ”Western Didital Red SSD” 交換│フォーマット│速度チェック

PC

 

ストレージ増設WD RED SA500 2.5インチSSD換装チェック   

 

現在のデータ保管用SSDはウエスタンデジタル製の『WD RED 2TB』1基。

残容量が40%を切ってきたことから交換することにした。

 

今回も同じくWD(ウエスタンデジタル)製の赤ラベル『WD RED SA500 SSD』。

容量は2倍の4TBに増量。

 

WDのドライブには青ラベル黒ラベルなど用途別に種類がある。

 

 

この赤ラベルは“SOHO(Small Office / Home Office)” や “NAS(Network Attached Storage)”システムなど24時間稼働も想定した高耐久モデル。

 

保証年数は5年となっているが、WDに限らず、保証年数いっぱいまで使い続けることはどうも心配。

運用状況にもよるが2~3年を目途に交換するように安全策をとっている。

※今回は容量UPのため1年と数か月で交換

 

 

スポンサーリンク

WD 内臓SSDの取り付け

WD SSD パッケージ

十数センチの紙箱に収められている。

写真⇩ 左が赤ラベルSA500のSSD/2TB、右が4TB。

 

内容はいたってシンプル。

説明書と本体のみ。

 

インターフェイス端子部分にシーリングがしてある。

 

インストール

PCケースのストレージベイへ取り付ける。

このhpデスクトップPCはTOOLレスのオープンベイになっている。

 

留めネジは無く、赤い布タブを持って引く抜くとドライブトレイが取り出せる構造。

もちろん電源入れたままのHOTスワップ対応。

 

写真⇩ No.1トレイには今まで使用していたSSD/2TBがある。

 

右側のNo.2トレイを取り出し、新しいSSD/4TBを取り付ける。

 

ストレージ・トレイはツールレスで引き出せるが、SSD自体はトレイにネジ止めしなければならない。

 

SSDの固定はトレイの裏側から。

 

M3ネジを4本使用する。

 

PCの組み立てやメンテナンスにも便利な充電式の電動ドライバー。

今回はPanasonicminiQuを使用。

 

 

No.2トレイへ新しいSSD/4TBの取り付け完了。

写真⇩ 既設No.1トレイと共に、PCケースのベイにセット。

 

この後、旧SSD/2TBから新SSD/4TBにデータを移動し、旧SSD/2TBは退役の予定。

 

 

WD 内臓SSDのフォーマット

新しいSSDを入れたら、先ずはフォーマットしなければ使えない。

 

フォーマット手順

1.デバイスマネージャーを確認

[ディスクドライブ]に新しいSSDが認識されていることを確認。

ここに表示されていないと、組み込み(搭載)自体が出来ていないことになる。

 

デバイスマネージャーに認識されていることを確認。

でも未フォーマットだと、スタートメニューには未だ表示されない。

※クラシックメニュー

 

2.ディスク初期化の手順

[スタートメニュー]内の[PC]を右クリックすると[コンピュータの管理]があるので、クリックして開く。

 

未フォーマットのドライブがある場合、[ディスクの初期化]を促すウインドウが出る。

もし出なくても、初期化されていない該当ドライブ(今回はディスク1)をクリックすると出てくる。

 

パーティションスタイルの選択画面になるが、2TBを超えている場合はGPTしか選択できない。

「OK」を押すと「新しいシンプルボリューム」画面になる。

 

そのままクリックすると「新しいシンプルボリューム ウィザードの開始」に進む。

 

「次へ」をクリックするとボリュームサイズの選択画面になる。

今回はパーティション分けしないので、フルボリュームで「次へ」をクリック。

 

ドライブレター(アルファベット文字)の設定画面になる。

自動的に順番のアルファベットが表示されているが、別の文字にも変更可能。

変更しないなら、そのまま「次へ」をクリック。

 

ここでファイルシステムを選択する。

Windows10ではNTFSのままでOK。

 

ウィザードの項目設定はここまで。

画面上の「完了」をクリックすると、クイックフォーマットが始まる。

 

クイックフォーマットは文字通り、すぐ終了する。

あっと言う前の2~3秒。

 

[コンピュータの管理] 画面を見ると、ディスク1の表示が「未割り当て」から「○○GB NTFS」に変わっているのがわかる。

 

3.ドライブ名称の変更

フォーマット後にスタートメニューを見ると、先ほどは表示されなかったドライブ「(E)」が確認できるが、新ドライブの名前が「ボリューム」のまま。

これでは使いにくいので、好きな名称に変更する。

右クリックすると出てくる[名前の変更]で可能。

 

旧ドライブから新ドライブへデータ移動

画面上が旧ドライブ(D)、画面下が新ドライブ(E)。

およそ1TBのデータを引っ越しさせる。

予測時間は 約45分と出ている。

 

実際に計ってみたら、44分30秒で完了した。

 

 

WD 内臓SSDの速度チェック

WD RED SA500 SSDの読み書き速度を計ってみる。

 

使用するソフトはお馴染み“CrystalDiskMark”。

フリーなので『杜の窓』などからダウンロードして使わせていただく。

Ⓒ杜の窓

 

CrystalDiskMark 計測

1.WDS200T1R0A-EC

まず旧SSD/2TB(現状Dドライブ)から。

 

テスト回数は「5」、テストサイズは「1GiB」に設定。

 

結果は以下の通り。

計測時間は約 4分44秒。

 

テスト回数「3」でも試してみた。

計測時間は約 3分22秒。

 

WDカタログ値は「読み取り560MB/秒、書き込み530MB/秒(最大)」と記されている。

まあこんなものかな、という結果。

 

2.WDS400T1R0A-EC

次に新しいSSD/4TB。

 

同機種のSSDであっても、容量が大きいほど高速になると言われているので期待。

テスト回数は「5」、テストサイズは「1GiB」に設定。

計測時間は約 4分44秒。

 

ほどんど変わらない・・・。

テスト回数「3」でも試す。

計測時間は約 3分22秒。

 

やっぱり変わらない・・・。

 

SSDの容量を2倍にしても何ら速度的な変化はない、という結果になった。

速度アップのためのSSD交換じゃなかったわけだが、、ちょっと期待しただけに残念。

 

3.WDS100T3XHC-EC

ついでにCドライブに使っている WD 黒ラベルの内臓SSD SN750/M.2も計ってみた。

 

テスト回数は「5」、テストサイズは「1GiB」に設定。

計測時間は約 4分42秒。

 

テスト回数「3」でも試す。

計測時間は約 3分22秒。

 

カタログ値は「読み取り3470MB/秒 書き込み3000MB/秒(最大)」と記されているが、約6%ほど低い結果だった。

 

マザーボードが旧型のせいかも知れない。

ちょっと残念。

 

まあそれでも困るほど遅いわけじゃないし、安心感の方が大事なのでこれで十分。

 

 

 

 

まとめ

HDDは勿論、SSDになっても容量いっぱいまでデータを詰め込んだりしない。

読み書き速度の低下、フラッシュメモリの劣化を早めてしまうから。

 

いろいろ調べてみるとSSDの場合は、最大でも70~75%までと言われているらしい。

 

個人的には「耐用年数内でも容量のが60%過ぎたら交換時期」をマイルールにしている。

大事なデータは二重三重のミラーコピーをして別ドライブに保管し、日常使用のデータ用ドライブ(DやE)は新たに買いなおす、という安全策。

 

耐用年数ぎりぎりまで使ったことはないが、HDD時代の頃も(自分は)ウエスタンデジタル社のドライブでトラブルに遭ったことはない。

寿命未満で交換するようにしているせいもあるが、品質的に安心して使えるブランドだと思う。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
PC
無有²工作室
タイトルとURLをコピーしました