【道具 #7】音圧│音量 “デジタル 騒音計” 一般│簡易型

道具

ノイズサウンド レベルメーター測定テスト

 

ステイホーム=家の中でできるコトを探りつつ始めた DIY工作室

 

知識も技術も初心者で、工作室らしい道具さえ持っていない初心者環境。

少しずつ1つずつ道具や工具を揃えながら紹介。

 

その第七回は『騒音計』

 

サウンドレベル計またはノイズレベル計とも呼ばれる。

 


音圧レベル=音圧の大きさを基準値との比の常用対数よって表現した量

                          単位はデシベル(dB)


 

 

ちなみに

音圧とは「音による圧力の、大気圧からの変動分。単位はパスカル (Pa) 」である。

※ wiki引用

 

音圧の数値を客観的に数値化しヒトの聴感にあわせた周波数特性で変換表示してくれる、

ということらしい。

 

理論や理屈はさておき、いろいろな家電や音源の「騒音」の大小を数値で測り、比較できたらOKなのである。

 

ネットで何十種類という機種を下調べ。

 

簡易型の中からそこそこ使えそうな製品を選んでみた。

 

 

 

スポンサーリンク

DIGITAL SOUND METER PM6708

1  準備

1.開封

Made in China なので恐々箱を開けたが、日本語説明書と保証書が入っていてちょっと安心。

 

2.電池蓋を外す

電源は単四の乾電池×4本。

本体の裏側のプラスねじを緩めないと蓋を開けられない。

 

製品に乾電池4本が付属していたがよく判らない『GOLD POWER』なる中国製の乾電池だった。

信用できないので、信頼のPanasonic エボルタを入れておく。

 

【Amazon.co.jp限定】 パナソニック エボルタ 単3形アルカリ乾電池 28本パック LR6EJA/28SV
・業界初!※1使用推奨期限10年※2で防災のストックにもおすすめ! ・液もれ防止※3製法採用で、大切な機器にも安心して使用可能! ※1 使用推奨期限年数において(2008年4月26日より)保存条件 温度:20℃±2℃ 相対湿度:55%±20% ※2 使用推奨期限(JIS準拠)において 保存条件 温度:20℃±2℃ 相対……

 

3.電源を入れる

ON/OFFスイッチはこの⇩部分。

押しボタンはすべてラバートップになっている。

 

電源ONですぐさま起動。

約3秒で測定値を表示。

 

2  外観

1.大きさ

スポンジ製のマイク風防が付属している。

外した状態での全長は約 193mm。

 

横幅は約 60mm。

 

厚みは約 29mm。

 

2.重さ

重さは電池無しで約 186g。

 

電池込みの重さは約 230g。

 

操作ボタンの様子。

アイコン表示があるので迷うことは無さそう。

 

3  音圧の測定テスト

試しにPCのファンの音を測定してみた。

 

ファンはCorsair製の120mm、測定時の回転速度はおよそ670rpm。

ファンからの距離は約 10cm。

 

エアコン室内機の音を測定してみた。

 

送風モードを最弱にしての運転。

ルーバー内面からの距離は約 60cm。

 

 

まとめ

これはなかなか面白い。

今まで感覚で判断していた「音」の大小が数値で分かるというのは便利である。

 

ついつい色んな場所を測定しまくってしまった。

小一時間ほど遊んでみての感想はこちら。

 

良いところ

  • 日本語の説明書がついており安心
  • オートレンジ表示で操作がカンタン。というか電源ONで即、測定
  • 測定範囲が30dB~と幅が広め
  • バックライト機能がある

 

良くないところ

  • 三脚などに取り付けられるネジ穴(1/4インチ)がない
  • 防水機能がない
  • 操作環境温度が0~40℃なので、冬の屋外や真夏の炎天下では使用できない
  • 全体がシリコン系カバーで滑り難くいのは良いが、粉を吹いたような不快感がある

 

まさか・・・新品なのに加水分解変質?

 

まとめ感想

所詮は簡易型の騒音計。

高価なプロ仕様の測定機に比べるのは酷な話。

 

あくまで目安程度に使ってね、と割り切れば趣味の使用には十分である。

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました