【カメラ】”GoPro HERO10″ 買って2番目にすること ➡ QUICKインストール│ファームウエア更新

CAM

GoPro HERO10QUICKアプリからのFirmware   

 

GoPro HERO10を購入して箱出しチェック。

 

先ず最初にしたことは、この2つ。

 

1つめ、バッテリーの充電

2つめ、保護フォルム貼り

 

過去記事は ⇒ こちら

 

 

さて今回は、2番目にする大事なこと。

 

カメラ本体の更新プログラム(ファームウェア)をインストールする。

 


ファームウェア=電子機器を制御するため本体に内蔵されるプログラム


 

 

 

スポンサーリンク

QUICK アプリについて

更新プログラムはGoProサイトからインストールする。

 

それに必要なのが “QUICK”と呼ばれるスマートフォン専用アプリ。

その他にも、GoPro機の撮影コントロールや映像保存など様々な遠隔操作を可能にする。

ⒸGoPro Inc.

 

QUICK 主な機能

撮影系

  • スマ-トフォンとGoProを連携してリモート撮影
  • スマートフォン画面に映像を転送 ※撮影時は不可

 

保存系

  • 撮影した写真やビデオをスマートフォンに転送
  • クラウドへのバックアップ

 

編集系

  • ビデオの自動編集機能
  • 各種編集ツールとプレミアムテーマ
  • ビデオスピードツール  などなど

 

更新プログラム

  • 新しいファームウエアがある場合 QUICKアプリからインストール

 

※GoProサイトより抜粋

 

 

ⒸGoPro Inc.

 

 

QUICKのインストール

1  QUICKアプリを検索

Google Playで「QUICK」を検索するとすぐ見つかる。

※ iPhoneの場合は App Store

 

GoProサイトのQRコードは ➡ こちら

ⒸGoPro Inc.

 

インストールしてアプリを起動すると、先ずこの画面になる。

 

GoProもお持ちですか?」と聞かれるので[持っている]をタップ。

 

GoProをペアリングしましょう」の画面にすすむ。

 

なお、QUICKアプリとGoProカメラとの通信は”Bluetooth”にて行われる。

 

なので予めスマートフォンのBluetoothをオンにしておく。

 

2  GoPro本体の準備

1.電源

GoPro本体の電源を入れる。

電源スイッチは正面から見て右サイドにある。

 

2.接続の設定

起動したら、背面タッチスクリーンを ①⇩ ②⇦ の順番にスワイプして[接続設定]の画面を出す。

 

GoPro側は、タッチスクリーンの[接続]をタップ。

スマートフォン側は、[続行]をタップ。

 

GoPro&スマートフォンは写真⇩のような画面になる。

 

スマートフォン側で[HERO10 Black]を選択タップ。

 

GoPro側で[デバイスを接続]をタップ。

 

さらに[GoPro QUIK]アプリをタップ。

 

QUICKアプリが「カメラを検索中…」になり、マークがグルグル回り始める。

 

しばらくすると「GoProが見つかりました」と出るので[接続]をタップ。

 

これでQUICKアプリにGoProが登録され完了。

 

GoProのスクリーン画面は、自動的に元のモニター状態に戻る。

 

3.ネーミング

最後に「カメラ名を変更」するかどうか問われる。

 

デフォの製品名のままでもいいし、好きなネームをつけてもOK。

もちろん後からでも変更可能。

 

以上でQUIKアプリのインストールとGoProとの接続設定は終了。

 

 

ファームウエアのインストール

1  更新プログラムの判別

初めてこの操作を行った場合(つまり購入直後)、QUICKアプリを接続したままにしておくと自動的に「更新をインストールしよう」という表示が出る。

 

もしアプリをすぐ閉じたり通信を切った場合は、次に接続された時に表示される。

※ すでに最新版がインストールされている場合はこの表示は出ない。

 

2  インストール方法

1.ダウンロード

QUICKアプリが上記画面になったら[続行]をタップ。

 

「カメラのWi-Fi に接続中…」「デバイスに接続しています」と進行する。

 

この時点では、スマートフォンに更新プログラムがダウンロードされている。

 

2.転送

1分かからず表示は「更新をカメラに転送中…」に変わる。

この時点でダウンロードされた更新プログラムがGoProカメラへ転送され始める。

 

転送インストール中はスクリーン左上角の”ステータスライト”が赤色点滅する。

 

「更新プログラムをインストール中…」の間、GoPro本体は2~3度再起動する。

 

「更新が完了しました!」で転送終了。

表示までにに2-3分かかった。

 

下の[了解]をタップして作業終わり。

 

3.ファームウエアの確認

更新プログラムが最新かどうかをチェックをしたい場合は、QUICKメイン画面の上にある「」アイコンをタップする。

 

「ファームウェアは最新です」と確認ができる。

 

 

初期設定

1  ユーザー設定

さて、ここまで出来たのでようやく初期設定に移る。

画面の明るさとか、音の大小とか、ビデオ圧縮etc.. いじる項目はいろいろ。

 

まずは[ユーザー設定]をタップ。

 

この各項目で、好きなように設定できる。

 

初めての自分には難しそう…

そう思いながら覗いたが、意外にも設定項目数も多くはない。

 

というか、むしろ少ない。

少し弄ればばすぐ理解できてしまうほど、GoProの設定はカンタンなのであった。

 

内容は以下の通り。

 

2  設定項目 (覚え書き)

1.一般

  • 電子音ボリューム ⇒ 小 (もっと小さくしてほしいくらい)
  • QuickCapture ⇒ オン (この便利機能はON)
  • 初期設定プリセット ⇒ 最後に使用したビデオ (が便利だと思う)
  • 自動電源オフ時間 ⇒ 未定 (撮りたい動画の長さで要変更)
  • LED表示 ⇒ 前面のみオフ (背面も全てオフにもできる)
  • アンチフリッカー ⇒ 60Hz
  • ビデオ圧縮 ⇒ H.264+HEVC (8KならH.265 ただし編集ソフト対応に注意)

2.音声コントロール

  • 音声コントロール ⇒ オフ (GoProに向かって喋るの恥ずかしい)
  • 言語 ⇒ 日本語

3.ディスプレイ

  • ディスプレイ ⇒ 横方向
  • ディスプレイ明るさ ⇒ 10~20% (環境次第)
  • スクリーンセイバー背面 ⇒ 1分 (1分が最短 もっと短くしてほしい)
  • スクリーンセイバー前面 ⇒ 背面画面に一致
  • 明るさ ⇒ 30~40%
  • リアスクリーングリッド線 ⇒ オン

 

こんな感じでOK。

 

 

 

 

まとめ

GoProカメラを買ったら最初にすること」

初歩の初歩、3つをやってみた。

 

  1. デュアルバッテリーチャージャーを使った充電
  2. 保護フィルム貼り
  3. カメラ本体の更新プログラムのインストール

 

当たり前すぎて一々記録するほどのことでもないんだろうけど、こんなところで躓くのが自分の様な超初心者なのである。

 

この3つを終えてから、初期設定にすすんだ。

もちろんどんな順番でも自由だし壊れることも無いけど。

 

さてこの後。

 

試し撮りをしながら、三脚とかマウントとか、撮影にあれば便利そうな”オプション”を揃えてみようと思う。

 

 

関連記事は ⇒ こちら

タイトルとURLをコピーしました