【DIY修理】切れたビデオテープ “mini DV” つなぐ│直す

修理

 

ミニDVテープいで修理

 

昔むかし、ホームビデオ機として綺麗なHD画質で人気があったminiDV

十数年前に市場から無くなった家庭用ビデオカメラ規格の1つで、その遺産がウチにも残っている。

 

「早くデジタル保存しておかないとテープが劣化して見られなくなる」

と脅かされて大量のminiDVテープの整理を頼まれたんだけど、

再生デッキに入って動かなくなったテープを無理にとりだしたらぐちゃぐちゃになってしまった。

 

 

スポンサーリンク

テープ修理 練習 ✇ 

そんなわけで切れたテープを修理することになった。

 

幸いこのminiDVテープはビスを外せば分解できる構造になってる。

小さくて細かそうだけど慎重にやればなんとかなる、たぶん。

 

いきなり大事な映像が残っているテープを修理するのはちょっと不安。

なのでその前に、同じ構造のクリーニングテープを分解してを練習台にする。

 

 

作業手順

1.miniDVテープのカセット固定ネジ4本を外す

小さなネジなので無くさないように注意。

 

使用した精密ドライバー +000番。

 

2.ケースをゆっくり開く

スプリングなど小さな部品が飛ばないように慎重に。

後ほど部品を復元する時に迷わないよう、写真を撮っておくのを忘れずに。

 

3.リールから磁気テープを引き出し仮止めする

作業しやすいように両方のリールから十分に出しておく。

 

磁気のない裏側を上にして仮止めする。

仮止めには特に粘着力の無いマスキングテープ等を使う。

(仮止めを剥がす時に磁気テープを傷つけない様に)

 

4.磁気テープの不要部分をカットする

つなぐ部分の両端を45度ほどの角度にすると直角より丈夫になる。

 

5.磁気テープ両端のカット部分を合わせる

例えば定規などで抑えて一直線になるように揃える。

 

6.磁気テープをつなぐ

仮押さえの定規をずらして用意した透明テープを貼る。

 

7.余分なつなぎテープを切り落とす

定規を使い磁気テープに傷を付けないよう、縁に沿って透明テープをカット。

 

8.磁気テープをリールに巻き戻す

ねじれや折れに注意して巻き取る。

 

9.元通りにネジを締めて組み立てる

小さな部品の取り付けミスに注意。

 

10.ゆるみを巻き取る

これで終了。

 

👉注意するポイント 

  • 手順2でケースを空けたらスグ写真を撮っておく  小さな部品を戻しやすい 
  • 手順3で引き出すテープに余裕をもたせる  ケチると作業できない 
  • 手順7で使う張り合わせテープに普通のセロハンテープはNG   硬貨したり接着剤が溶け出したり劣化した時の始末が悪い   例えば3Mの超透明クリアテープ等の劣化少ない薄手テープを使用する 
  • 途中で気づいたが手順4でケース開けっ放しで作業せず磁気テープを引っ張り出した後すぐケースを閉じたまま作業する方が良かった(自動で閉まるシャッター部をテープ固定して作業する)

 

 

 

テープの修理 本番 ✇ 

11.本題のminiDVを修理する

練習台に使ったクリーニングカセットと構造は同じ。

 

まずは分解して、切れた部分を取り出す。

 

同じ要領で、切れた部分を貼りあわせる。

 

そして無事手術成功。

 

 

まとめ

miniDVテープはその名の通り小さなカセットで幅6.6×縦4.8×厚1.2cm。

止めてあるネジも中身のスプリングも小さいので神経を使う。

 

一番大変なのは、テープを仮固定するところ。

巻き癖のせいで仮固定がうまくいかず、実際は何度もやり直している。

 

繰り返してるうちにテープに折れ傷が増えてしまうし、なかなか一直線にそろわないし、四苦八苦してる時にスプリングが外れてどっか行ってしまうし・・・

 

ホント大変だった。

 

神経使って胃が痛い。

出来ればもうやりたくない修理である 😓

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
修理
無有²工作室
タイトルとURLをコピーしました