【道具 #28】 クランプ式 “はんだ付け作業台 goot ST-85” 使い方│レビュー

道具

はんだ付け補助アクションST-85クランプ式  

 

ステイホームでできるコトを探りつつ始めた DIY趣味工作室

興味の趣くままに揃えた道具や工具などを紹介。

 

第二十八回も“はんだ作業”をサポートする補助器具『マルチクランプ』

 

前回の従来型“わに口クリップ”はんだ付け作業台ST-92とはタイプの違う1台。

 

Ⓒgoot

 

 

スポンサーリンク

goot マルチクランプ ST-85

goot(太洋電機産業)製のクランプ台 ST-85

 

1  開封

外箱の大きさは、(約)幅121×縦175×厚41mm。

 

中身は本体のみ。

 

同封の取扱説明書はなく、外箱の裏に日本語、英語、中国語での簡略説明のみ。

 

2  外観

まず上面。

全体がダークグレー&ブラックでまとまっている。

 

台座部分は金属、クランプ部分は樹脂ポリカーボネイト。

 

クランプ面にはシリコンゴムが貼ってある。

丸い部材の保持のために、四角い穴が3つ開いている。

 

裏面には滑り止めゴム足。

 

折りたたんである状態はコンパクト。

 

側面にクランプの角度を固定するノブ付きボルトがある。

 

3  サイズ

底面の大きさは約135×104mm(つまみ含まず)。

 

折りたたみ時の高さは約39mm。

 

重さは362g。

 

クランプ面にある3つの四角い穴。

大きさは約4.9mm角、10.0mm角、2.9mm角。

 

4  機能

側面にあるノブ付き固定ボルトを緩めて、クランプ部分を起こす。

 

最大で約100度までクランプを立たせることができる。

 

もちろん任意の角度での固定も可能。

 

クランプを開く時は、握力を鍛える“ハンドグリップ”の要領で。

 

最大クランプ幅は約34mm。

 

シリコンゴムに若干の弾力があるので、ぎりぎり35mmいけるかも。

 

5  使用例

KOSSヘッドホンKSC75ドライバの例。

 

開口が大きいので少々特殊な形のパーツでもはさむことがきる。

 

プラグやジャックなどの丸いパーツも、クランプの四角穴を利用して固定できる。

 

6  改良

というほど大げさではないが、ST-85が苦手な小物をつまむ便利グッズを追加。

 

Lisle社製のマグネットクリップ。

 

2つのわに口クリップは磁石で吸着していて角度を変えられる。

 

クランプしたり台座に磁石で立たせたりできるのでST-85をさらに便利にできる。

 

 

 

 

まとめ

使用感

端子に予備はんだ盛りするようなシンプル作業ならST-85は使いやすい。

何といっても1アクションでパーツを挟んで固定できる。

 

コネクタのような小パーツから70mm幅まで保持できる。

結構おおきなモノもつかめるのは◎。

 

ただ、やリード線とリード線を一直線に突き合わせる様な固定には不向き。

要するに作業内容次第でもある。

 

まとめ感想

しかし、何でもカンタンに挟めちゃう、というのはすごく便利。

通常のワニ口はんだ台と共に、1台あっても良いクランプ工具だと思う。

 

参考過去記事は ➡ こちら

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
道具
無有²工作室
タイトルとURLをコピーしました