【道具 #27】小型“goot はんだ付けヘルパー ST-92”組み立て│レビュー

道具

はんだ補助具小型ST-92固定クリップ  

 

ステイホームでできるコトを探りつつ始めた DIY趣味工作室

興味の趣くままに揃えた道具や工具などを紹介。

 

前回に続き、第二十七回も“はんだ作業”の補助器具『はんだヘルパー part2』

 

Ⓒgoot

 

 

スポンサーリンク

goot はんだ付けヘルパー ST-92

"わに口クリップ”の多関節クランプを備えたST-93にくらべて、大きさも可動個所もコンパクトにした簡易版がST-92

 

1  開封

外箱は(約)横84mm、縦140mm、厚み64mm。

 

組み立て図は箱の裏面。

 

もう少し余裕のある箱にすればいいのに、と思うほど(特にレンズが)ぎゅうぎゅう詰めに押し込まれている。

 

内容はシンプルで、台座と支柱とクリップ付きアームとレンズのみ。

 

2  パーツの外観

1.台座

台座の大きさは(約)幅65×縦69mm。

 

2.支柱とアーム

丸い支柱は1本のみ。長さは約118mm。

 

四角アームの長さは約120mm。

 

3.レンズ組品

レンズとクランプ。

 

レンズの直径は約90mm。

 

このレンズ組品はST-93と同品のようである。

 

4.クリップ

ST-92のクリップは▢スリーブに溶接されている。

 

アームとスリーブを挿しなおすことで90度ずつ角度を変えられるが、細かな向きや傾きは調節することができない構造。

 

わに口クリップの長さは約35mm。

 

3  パーツの重さ

台座の重さは308g。

 

支柱の重さは47g。

 

四角アームとボールジョイントの重さは120g。

 

クリップ組品の重さは2個で28g。

 

レンズ組品の重さは100g。

 

総重量は602gとなっている。

 

 

ST-92とST-93 比較

ST-92ST-92と比べてみる。

 

1  大きさと重さ

メインポール高はST-92が118mmでST-93が185mm。

 

ST-92の方が約36%低い。

 

四角アーム長もST-92が120mmでST-93は150mm。

 

ST-92が20%短くなっている。

 

また重量比でも992gのST-93に対してST-92は602g。

 

約40%軽い。

 

2  クリップ

ST-93と違い、ST-92のクリップは▢スリーブに溶接されている。

 

写真⇩ 左がST-93のクリップ&ボールジョイント組品、右がST-92のクリップ。

 

ST-92付属クリップを動かせる方向は、▢アーム上のスライドのみ。

 

当然ながら可動域は全然少ない。

 

 

まとめ

使用感

良いところ

なんといってもコンパクト。

 

前回の同gootST-93は多関節クリップ+盛りだくさんの大柄な作業台だったが、こちらST-92はその半分以下、40%くらい小型。

 

良くないところ

ほんとにmade in Japan?と疑いたくなるほど仕上げが雑。

 

性能にあまり関係は無い。

しかし、初めから歪んでいたり傷があるのは気分がよくない。

 

付属のクリップ。

上から見るとアームに対して90度に溶接されていない。

 

わに口も傾いている。

 

錆びも浮いているし・・・。

 

複数台を調べたがが、きちんと溶接されているものもある。

当たり外れがあるので店頭で良ぉく観察してからにした方がいい。

 

まとめ感想

ST-93ST-92両方を試してみた個人的な感想・・・

「レンズは使わない」し「高い支柱も必要ない」のが実情。

 

ただ場面によっては「クリップの角度は変えられた方が便利」なこともあるので、

ST-92の台座にST-93のボールジョイント付きクリップ というスタイルが一番使いやすいかも知れない。

 

しかしそのために大小2種類の"はんだヘルパー"を揃えるのも勿体ない。

自由に組み合わせできるように、台座とアームとクリップを別々にオプション化してくれたら嬉しいのだが、現状では仕方ない。

 

よって、どちらか1台を選ぶのならST-92の方になる。

 

 

 

 

その後

その後いろいろ組み換えて、最終形のST-92.5になった。

 

(93+92)÷2

ST-93+ST-92の(個人的)イイとこ取りをしてみた。

 

ベース・・・大きめのST-93から。

メインポール・・・短めのST-92から。

四角アーム・・・長めのST-93から。

クリップ・・・シンプルなST-92から。

 

 

付属品のプラ製ローレットをアルミ製ローレットに交換している。

 

アルミ製ローレットボルトはこの2種類。

青色がM5、金色がM4。

国内で入手しにくいときは ➡ AliExpress

 

ボルト長の調整

交換したローレットボルトをそのまま使用しても良いのだが、既製品のままではネジ長が長すぎてカッコ悪い部位があるので、適当にカットしている。

 

四角アームのスリーブを固定するローレットM4ボルト。

 

首下ネジ長を5mmにカット。(4mmでもOK)

 

色はともかくカタチ的にはまとまったかなと自負。

 

おわり。

タイトルとURLをコピーしました