【オモチャ】 Hot Wheels RC “1/64 コントローラ送信機” 中身│分解 【トイラジ】

模型

MATTELHot Wheels RC分解│ヒミツを探る②  

 

マテル社から発売されている『ホットウィール 1:64 RCカー』

後輪(駆動輪2つ)のみでスピードもカーブもコントロールするトイラジ。

 

前回はRCカー車体の方を分解してみたが、今回はリモコンを分解調査。

 

 

 

スポンサーリンク

Hot WheelsⓇRCコントローラの分解

1  電池を抜く

当たり前のことだけど、基本中の基本。

中を弄るときは電池を抜く。

 

固定ビスは4ヵ所。

普通のプラス(+)ドライバーNo.1 で外す。

 

2  コントローラの開け方

ビスを外してもすぐには本体が開くわけではなかった。

他にも固定ビスがあるのか、どこかが引っかかっているのか。

 

コントローラのケースは二分割のようなので、すき間にマイナス(-)ドライバーを入れて広げながら観察してみることにした。

 

先ず左側にドライバーを差し入れてみる。

すき間は広がるが外れてこない。

 

反対の右側にもドライバーを入れてみるが、やっぱり硬くて外れない。

しばらく悪戦苦闘したが、数ミリ以上は広げられず解らず。

 

3  コントローラを解体

たぶん一部に接着剤がついているか、見えない部分で引っかかりがあるだけだろうと、ドライバーを深く差し込み・・・ちょっと強引にこじ開けてみた。

 

「バキバキ」っと音が鳴ったが、、やっとケースが開いた。

 

ガ━━(゚Д゚;)━━ン!

 

 

基板の一部が割れた音だった。

 

 

Hot WheelsⓇRCコントローラの構造

どうしてこうなったのか・・・!?

気を取りなおして内部を調べる。

 

まずは全体像、コントローラ表面のスイッチ配列。

 

表面ケースを裏返した内部。

ここまでは特に異変はない様子。

 

1  操作スティック

ここから主な内部パーツを観察していく。

 

1.ステアリングのスティック

左右に動くスティックは“ねじりスプリング”で中立を保つ仕組み。

 

さらに(-)ドライバーの先端の様な凸突起がスティック軸の真ん中にあり、

基板のボリュームスイッチ(名称不明 以降 Volスイッチ)を回す構造になっている。

 

2.スロットルのスティック

上下に動くスロットル=前後スピードのスティックも同様。

Volスイッチ(仮名)をスティック軸の突起が回す構造になっている。

 

しかし・・・この突起部分も破損させてしまっていた。

 

2  基板

基板を外してみる。

基板は3本のビスで固定されている。

 

基板を外して裏返してみた様子。

大きな基板だが載ってる部品数は多くない。

 

3  各部の詳細

1.スティックのスプリング

スティックの中心には“ねじりスプリング”が取り付けられている。

 

スプリングの脚はコントローラの一部に固定されるので、スティックを倒すとスプリングが開き、そのバネの復元力でスティックを中立に戻すしくみ。

 

2.VOLスイッチ

スティックの操作によって回るボリュームスイッチ(Volスイッチ)。

 

ステアリングとスロットルの2か所についている。

中央にあるマイナス(-)状の穴が回ることで操作量の信号がRCカーへ送られる。

 

3.トリム調整ボタン

説明書には「アライメントボタン」と書かれている。

左右の曲がり癖を微調節する装置。

 

5.ブーストボタン

スピードを1.5倍くらいにアップさせるボタンがついている。

これを押してスピンさせるともう超っ速!

 

6.アンテナ

長さは75mmくらい。

 

分解した全貌。

 

 

Hot WheelsⓇRCコントローラの復元

今回こわしてしまった基板を復元するのは無理である。

プリント層を破壊してしまってるので修理できそうにない。

 

しかし、破損させてわかったこともある。

 

今回、分解に失敗したのは方法を間違えたのではなく“分解できない構造”だったことが原因だった。

 

原因の解明

それはコントローラ・スティックの先端にある丸い“ノブ”。

これが外せない構造だったことが、全ての諸悪の根源だった。

 

ノブが内部の軸+スプリング+Volスイッチと一体になっている構造なのだ。

よって、ケースを開く=根こそぎ引き抜く、という結果になったからだった。

 

それを知らず無理に本体を開こうとしたため、ノブの根元にあるいハンダ付けされている基板を割ってしまったのである。

 

ノブを破壊

このノブが外れたなら、コントローラのケースを難なく開けたはず。

それを改めて確かめてみる。

 

1.スティック・ノブの解体

先ずはノブを外さないと始まらない。

しかし、回しても引っ張って見てもビクともしない。

 

どうにも抜けないので、仕方が無く破壊することに下。

プライヤで千切る様に削っていく。

 

そして解った。

やはりスティック軸と丸いノブは接着剤でガチガチにしっかり固着されていた。

 

さらに削り取ってバラバラに破壊したノブ。

 

2.操作スティックとVolスイッチ

コントローラの前面ケース(青色)と分離することができた操作スティック。

右端にあるのは、基板が割れて取れてしまったVolスイッチの1つ。

 

本来は、基板上にあるVolスイッチ中心に、操作スティックのツメ(オレンジ色の細い突起)が入っているのが正常なカタチ。

 

 

復元の手順

それを踏まえて、正常な組み立て復元を試してみる。

 

1.スティックの取り付け

まず最初に、操作スティックを基板のVolスイッチに組み込む。

 

こちらは向かって右側の“左右ステアリング”操作スティック。

Volスイッチ中央の穴に、操作スティックのツメ(オレンジ色の突起)を入れる。

 

右スティックを側面から見た様子。

 

2.スプリングの取り付け

Volスイッチと反対側には“ねじりスプリング”を取り付ける。

ねじりスプリングの脚は、マウント下部を跨ぐような配置になる。

 

3.ブーストボタンの取り付け

操作スティックがマウント部分に収まったら、上部の“ブーストボタン”の回路スイッチとオレンジ色のパーツをはめ込む。

 

これで右スティックまわりの組み込みが完了。

左スティックも同様にして、volスイッチと操作スティックを組んでおく。

 

そして基板を3本のビスで固定。

 

4.ケースの組み合わせ

コントローラの前後ケースを合わせかぶせる。

この状態で、操作スティックの軸だけがケース穴から覗くカタチになる。

 

5.スティック・ノブの取り付け

操作スティックのノブが分解できるパーツであったなら、ここでノブをスティックに取り付けて「復元組み立て終了」となる。

 

写真⇩ 新品状態のコントローラと破壊されたコントロールノブ

 

 

 

 

まとめ

Hot WheelsⓇRCカーの分解がカンタンだったので、コントローラも簡単に・・・

と思っていたのが大違いだった。

 

このコントローラは工場出荷後には分解しない(させない)構造に作られていた。

RCカーの方は分解できるのに、コントローラの方はできない。

メーカーなりの理由はあるのだろうけど、修理依頼の時はどうするのだろう?

 

1つコントローラを犠牲にしてしまったが、構造は知ることができた。

もし今後このコントローラを開ける必要がある時は、初めから操作スティックの先端ノブを切り落とすことを前提に準備をすれば、中の基板を傷めることもない。

 

幸いにも操作スティック柱はパイプ状に穴が開いているので、ノブの代用になりそうなパーツを見つけられれば加工も簡単かも知れない。

タイトルとURLをコピーしました