【模型】 LEGOクリエーター “アポロ11号 月着陸船” ジオラマ│Porno Graffitti

模型

LEGOAPOLLO 11 LUNAR LANDERジオラマ作り    

 

 

PG ポルノグラフィティのファーストシングル『アポロ』。

歌詞中に「♪アポロ計画」が出てくるJ-ROCKの中でも希少な楽曲。

 

さらに15周年に発売されたベストアルバム『15th Anniversary ALL TIME SINGLESのジャケット写真には月に降り立つ“月着陸船”がコラージュされている。

 

今回はこれをLEGO月着陸船で再現してみる。

 

PORNOGRAFFITTI “ALL TIME SINGLES”

 

 

スポンサーリンク

月着陸船の写真

1969年7月20日20時17分(UTC=協定世界時)に月面へ着陸したイーグル。

数時間後の21日2時56分。

2人の宇宙飛行士が月面に降り立った時に撮られた1枚がこちら。

ⒸNASA Apollo 11 Lunar Module

 

この写真をコラージュしているのが、CDアルバム『ALL TIME SINGLES』でPORNO GRAFFITTIが2013年9月にリリースしたベスト盤。

PORNOGRAFFITTI 15th Anniversary “ALL TIME SINGLES”

 

 

LEGO月着陸船のジオラマ

材料

1.背景

月面や背景に何を使うか悩んでみたが、月の表情ソックリにするよりも工作ぽくすることを考え、ファンシーペーパーを使うことにした。

 

こちら『かぐや』という月面クレーターを模ったファンシーペーパー。

凸凹のエンボス加工があり、お気に入りのクラフト紙。

 

2.PGの旗

LEGOパーツはフラッグ用に2×3スナップ付きタイルプレート6Lバーを用意。

 

もう1つ大事なパーツは“キューブ教官”のステッカー。

これをレゴのタイル(旗)に貼る。

 

※キューブ教官はライヴツアー等に登場するキャラクター

 

小道具の工作

スナップ付き2×3タイルプレート(白色)にステッカーを貼る。

 

まずはタイルプレートの大きさを測定。

 

横幅は約23mm、縦は約15mm(端数切捨て)。

 

ステッカーの中からサイズが近い1枚を切り出す。

 

キューブ教官は名前の通り、ほぼ正方形。

ステッカーも真四角なので、旗に合わせて長方形にする必要がある。

 

なので、余っているステッカーを切り貼りして、長方形ぽくつないでおく。

 

ジオラマ撮影

月着陸船ランディングギアの近くに、宇宙飛行士とステッカー旗を配置。

影の位置や明るさ(雰囲気)を試行錯誤。

 

写真加工ソフトは使わず、遠近と照明のみで工夫してみる。

 

そして、それっぽいフォントでアルバムタイトルを落とし込み、

PGアルバムLEGOバージョン完成。

 

これで完成~のつもりだったが・・・

後日、アポロ宇宙飛行士ミニフィグをMODしたので、改めて取り直すことにした。

 

ジオラマ撮影 MODミニフィグver.

まずはアポロ計画“イーグル月着船”の超有名な写真をジオラマ。

 

これを元に『15TH ALL TIME SINGLES』のジャケ写真も撮り直し。

 

なかなかの出来に自己満足。

 

9月8日は Porno Graffitti メジャーデビューCD『アポロ』記念日。

久しぶりにベスト盤を聴いてみよう。

 

 

 

まとめ

LEGOブロックのシリーズに宇宙船キットは数々いあるがほとんどはSFモノ。

実機を模ったモノは多くない。

 

そんな中でアポロ50周年の2019年、

月着陸船がLEGO化されたのは嬉しいNewsだった。

 

この先2024年度以降には『アルテミス計画』が予定されている。

きっと月ステーションやTOYOTAルナクルーザーなどもモデル化されるはず!

それをまた並べて飾ったりするのが今から楽しみ。

 

 

タイトルとURLをコピーしました