【模型】LEGOクリエーター“Apollo 11 月着陸船”ディスプレイ│LED│電飾

模型

LEGOAPOLLO 11 LUNAR LANDER展示方法 P1

 

ステップ1ステップ4でようやく完成した『レゴ 月着陸船』。

 

そのまま飾るだけでもいいが、幾つかディスプレイ用のオプションを試してみた。

 

 

 

スポンサーリンク

月着陸船 ディスプレイ

LEGOクリエーター月着陸船の完成サイズは、およそW208×D233×H213mm

 

1  透明ディスプレイケース

凸凹が多く複雑な形状をしているのでホコリも被りやすそう。

なので、ちょうどスッポリ納まるような展示ケースを探してみた。

 

1.アクリル板ケース

海外製(中華系?)の組み立て式ケース。海外通販ebay購入。

完成時の大きさは W246mm×D246mm×H255mm

 

アクリルなので透明度がある。

アクリル板の厚みは約 1.85mm。

 

天板が1枚と側板が4枚。

 

底板は透明ではなく、黒色のアクリル板。

厚みは約 2.8mm。

 

保護フィルムが貼られているので、組み立て前に剥がさないといけないが、これが結構な手間がかかる。

 

組み立ては簡単。

長細いスリット穴(約1.85×30.5mm)が開けられているのでハメ込んでいく。

 

まず底板を置き、溝の向きを見ながら側板の4面を立てる。

最後に天板を乗せるだけ。

 

気を付ける点があるとすれば「いかに指紋や傷を付けずに組めるか」。

組み立ての際は白手袋などを着用した方がいいし、

その都度ほこり払いのためにエアダスター缶も使って作業すればOK。

 

アクリル製なので透明度は◎。

純正にあっても良いと思える展示ケース。

 

2.透明プラスチックケース

もう1つの候補、蝶プラ工業の『コレクションケース レギュラー24』。

底板と上部ケースのみの2分割なので、組立も無く、収納も簡単。

 

ただプラスチック製なので透明度がアクリルより少し劣ることと、成型時のゲート跡?が天板中央に残っているのが欠点。

 

大きさは、W244mm×D244mm×H261mm。

 

 

 

2  LED電飾

「自分で作ったLEGO作品をライトアップしたい」と思うのは世界共通のようで、名車や建築物などレゴ作品を「電飾」するLEDキットが各社から出ている。

 

1.ライティングキット

今回使ってみたのはLIGHTAILINGというメーカーのモノ。

電池BOX無しキット(USB電源)があったので買ってみた。

ⒸLIGHTAILING

 

 

 

説明書は英語だが写真を見て作業するだけ。

 

LEDモジュールはLEGO互換ブロックにチップLEDが仕込まれていて、細いリード線でUSBコネクタにつながれている。

スイッチなどはなく、USBを挿せば点灯する単純な仕組み。

 

点灯する色調は3種類。

 

月着陸船の下部(月面側)用の電球色LEDプレートが2つ。

月着陸船の船内照明用の電球色LEDが1つ。

月着陸船の正面ハッチ用の青色LEDが3つ。

月着陸船のスラスター用の白色LEDが4つ。

 

 

とりあえず全部を仮組みしてみた。

下降段の裏側に“1×4プレート電球色LED”を2つ取り付け。

 

もう1つの“1×4プレート電球色LED”を上昇段キャビン内に取り付け。

 

3つの“1×1ラウンドペグ青色LED”を正面ハッチ下の3つ穴に取り付け。

 

最後に“1×1ラウンドプレート白色LED”4つを姿勢制御スラスターに1つずつ取り付け。

 

リード線の整理は後回しにして、とりあえずLEDパーツ組み込み完了。

 

点灯してみる。

 

2.LEDユニットの改造

実機の月着陸船上昇段には『姿勢制御スラスター』が全部で4×4=16個ついている。

 

16の内4つだけを“ダウンライト”の様に点灯させているのが、どうも違和感ある。

 

個人的な好みだが、このダウンライトLED4つは不要に思えた。

 

なのでコネクタを付けて、外せる様に改造することにした。

 

3pinの丸ピンヘッダがあったので2コマを切断してコネクタに使用。

2極のオスとメスを1個ずつ用意。

 

はんだ付けの後に被せる被覆チューブも用意。

 

リード線を切断し、先端を半田ごてで溶かして芯線を出す。

 

リード線の芯線とヘッダピン脚にフラックスを塗って半田付け。

最後に絶縁のための被覆チューブをかぶせて出来上がり。

 

コネクタを挿して電源を入れ、ちゃんとLEDが点灯することを確認。

 

確認できたのでヘッダピンのコネクタを抜き、“ダウンライト”を外した。

 

改めて各リード線を整理して、これで完成。

 

スラスター下部だけ光る違和感が無くなり控えめな電飾になったけど、これはこれでOKだと思う。

※もちろん実機の月着陸船にはこの様な照明はない※

 

 

 

 

まとめ

LEGOクリエーターExpertという部品数の多い大人モデルを初めて作った。

子供の頃に触ったことはあったレゴでも、大きなセットを作り上げたのは初めて。

 

苦労というほどでもないがそこそこ時間がかかるので、完成すれば達成感がある。

なのでやはりキレイなまま飾っておきたいと思うもの。

鑑賞かつ保存のためのケースは欲しくなると思う。

 

LED電飾ブロックを組み込むのも当然初めて。

後から調べて判ったことだが、LEDのオン/オフや点灯/点滅などをリモコン操作できるキットもあるらしい。

 

在庫がすぐ無くなるのが困るが、いずれリモコン付きLEDにも挑戦してみよう。

タイトルとURLをコピーしました