【ミニカー】ホットウィールRC 1/64 “TESLA ロードスター”【トイラジ】

模型

MATTELHot Wheels RC Tesla Roadster開封レビュー  

 

Hot WheelsⓇ 1/64 RCカーの第4弾(#4)。

 

TESLA社の2ドア4人乗りスポーツ“ROADSTER”のHW-RCを開封レビュー。

 

 

#1~#3の過去記事は こちら ➡

HW-RC #1  NISSAN GT-R R35

HW-RC #2  TESLA CYBERTRUCK

HW-RC #3  THE BATMAN BATMOBILE

 

 

スポンサーリンク

Hot WheelsⓇ 1/64 RCとは

1  特徴

  • ベーシックなHotWheelsと同じ約3インチサイズ
  • 2.4GHz帯ラジオコントロール
  • 後輪のみを制御する2モーター式
  • ブーストボタンで速度アップ
  • 床上でもトラックコース上でも走行可能
  • 車体にはリチウムポリマー充電池を内蔵
  • コントローラ(送信機)が小型  ⇦ ※新機能
  • USB-A(5V)端子からRCカーを充電  ⇦ ※新機能

 

2  車種

本国アメリカでは2020下半期に登場したHot WheelsⓇ 1/64 RC

 

今までに TESLA Cybertruck、NISSAN GT-R、DODGE Rodger Challenger、Batmobile、

Aaron Wheelz、CHEVROLET Corvette、Lightyear Buzz’s Truck …etc.

 

日本では2021年春からの遅スタートで数車種が登場している。

 

 

 

Hot WheelsⓇ 1/64 RC TESLA Roadsterの概要

1  開封

1.パッケージ

大きさは(約) 横155mm×217mm×厚70mm (上部のタブ含)

 

パッケージ裏。

 

日本語のパッケージというより、英語版にシールしてあるだけ。

 

2.内容

パッケージ横側から開封。

 

RCカーとコントローラは中の台紙に固定されている。

 

新バージョンになって、USB充電ケーブルが付属している。

 

RCカーは台紙に輪ゴムでとまっている。

 

タイヤ部分にあるこの透明の輪ゴムを外して取り出す。

 

裏返すと、コントローラを固定している丸いプラ製のパーツが2つ。

 

これをまわして送信機を取り出す。

 

内容品を並べた様子。

 

トラックレール部品、コントローラ、RCカー、USB充電ケーブル、そして説明書。

 

まず気づくのは、コントローラが以前のモデルより小さくなっていること。

 

3.説明書

説明書は日本語。

 

六面折り(外三つ×十字)。

 

漢字にはフリガナ入り。

 

2  概観

1.Roadster RCカー

俯瞰から。

 

フロントビュー。

 

リアビュー。

 

ボディ上面とシャシー裏。

 

2.コントローラ

1)外観

表面。

 

裏面。

 

「ブーストボタン」のあるトップ。

 

2)前モデルとの違い

前モデルのコントローラより約75%ほどに小型化されている。

 

前モデルにあったコントローラ内蔵の充電ケーブルも無くなっている。

 

代わりにUSB-TypeAポートから充電するための専用ケーブルが付属。

 

旧コントローラに誤接続できないように、コネクタ形状が変更されている。

 

写真⇩ 左が前コントローラの充電ケーブル、右がRoadster付属の充電ケーブル

 

3  サイズと重さ

1.Roadster RCカー

全長は約76mm。

 

ボディ全幅は約30.6mm。

 

全高は約22mm。

 

タイヤ外幅は30.5mm。

 

重さは20.9g。

 

2.コントローラ

大きさは(約) 横幅110mm×縦79mm。

 

厚みは54mm。 ※スティック含

 

本体だけの厚みは37mm。

 

スティックの丸い部分の直径は19mm。

 

重さは87g。 ※電池なし

 

付属しているUSB-Aの充電ケーブル長は約265mm。

 

 

 

Hot WheelsⓇ 1/64 TESLA Roadsterの走行準備

1  コントローラの電池

電池蓋はプラスネジで閉められている。

 

コントローラ電源には単3電池を2本使用。

 

2  RCカーの充電

この1/64 Roadsterへの充電は、専用のUSBケーブルで行う。

 

コネクタは特殊なカタチをしている。

 

充電する時は、RCカーの電源はスイッチをオフ(O/⚡)に。

 

PCのUSBポートなど、5V給電があればOK。

 

説明書にある通り充電時間は約20分。

 

充電中は、シャシー裏にあるインジケータLED(赤色)がゆっくり点滅。

 

充電が終われば、点滅から点灯に変わる。 ※しばらく後に消灯する

 

 


👉注意

前モデルのコントローラ内蔵ケーブルでこのRoadsterを充電するのはNG。

 

あえて形状を変え互換性をなくした理由は、誤挿入を避けるためと想われる。

たとえ無理やり無理やり差し込めたとしても、充電は避けるべき。

 

前モデルでは充電中を示すインジケータもコントローラLEDで兼用されていたが、この点も変更されている。

 


 

 

Hot WheelsⓇ 1/64 Roadsterで遊ぶ

1  コントローラ ON/OFF

中央にある“ペアリングボタン”を短く1回押すと電源ONになる。

 

OFFにするには”ペアリングボタン”を約2秒以上、長押しする。

または、何もをしない状態が約5分続くと自動的にOFFになる。

 

2  ペアリング方法

①説明書を読んで手順を確認。

 

②まずRCカーの電源スイッチをOFFからONにする。

 

③つづいてコントローラ中央のペアリングボタンを短く1回押す。

 

④コントローラのインジケータが2回ずつの”点滅”をはじめる

 

⑤1~2秒でLEDの点滅が”点灯”に変わり、ペアリング完了。

 

ちなみに・・・

 

前モデルのコントローラを使ってペアリングしてみたら、リンクできた。

 

Roadster RCカーの充電には使えないが、コントロールのみなら出来るようだ。

 

3  Roadster 走行テスト

走らせてみた感想。

床の条件はビニルフローリング。

 

直線カっ飛びは相変わらずの速さ&左右スティックのみだと超高速スピン。

クルマ自体の”クセ”は受け継がれているようだ。

 

でも、全然曲がってくれないNISSAN GT-Rに比べると、オーバーステア癖がやや控えめに感じる。

 

何か違うのかよく観察してみると・・・

 

NISSAN GT-Rに比べて、TESLA Roadsterの前輪のサイズが変更されている。

直径で約0.6mm、幅で約0.3mmのサイズUP。

 

わずか1mm未満の数字でも、1/64の小さなミニカーにはそこそこの差。

 

ひと周り大きくなったフロントタイヤが接地抵抗を増やし、超オーバーステア対策になっているのかも?知れない。

 

 

まとめ

4台めになるHot WheelsⓇ 1/64 RC TESLA Roadster

 

シャシーや基板、タイヤの大きさが各車で違っていて、それがクルマごとの個性(クセ)になっている感もある。

 

このRoadsterに至っては充電方式を、送信機ケーブル仕様から、一般的なUSBの5V経由にするなど、システム的に大きく変更されている。

 

これは実は大きな改良点で、フル充電10回ちょっとで送信機の単三乾電池が無くなっていたことを思うと(充電がUSB経由になったことで)送信機の電池寿命はかなり伸びていると思う。

 

実際に中身がどう変わったのか、次回『ホットウィールRC 1/64 TESLA ロードスター 中身│分解』で探ってみる予定。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
模型
無有²工作室
タイトルとURLをコピーしました