【ミニカー】床でも│トラックでも “ホットウィールRC 1/64 バットモービル”【トイラジ】

模型

MATTELHot Wheels RC Batmobile開封│分解   

 

Hot Wheels 1/64 RCカーの第3弾(#3)。

 

映画 “The BATMAN“登場のバットマンカー”BATMOBILE“を開封~分解。

 

 

過去のHot WheelsⓇRCカーの過去記事はこちら。 ※以降 HW-RC

HW-RC #1・・・ 『NISSAN GT-R R35

HW-RC #2・・・ 『Tesla CYBERTRUCK

 

NISSAN GT-R/R35

 

TESLA CYBERTRUCK

 

 

スポンサーリンク

Hot WheelsⓇ RCとは

1  特徴

  • 通常ベーシックなHotWheelsと同じ約3インチサイズ
  • 2.4GHz帯ラジオコントロール
  • ステアリング機構はなく後輪を制御する2モーター式
  • ブーストボタンで速度アップ
  • 車体にはリチウムポリマー充電池を内蔵
  • 送信機プロポには単3乾電池が必要
  • 専用プロポからコード給電で車体に充電可能
  • 床の上でもトラックセットの上でも走行可能

 

2  車種

本国アメリカでは2020年末から、日本では少し遅れて2021年に ’17 NISSAN GT-R(R35) Tesla CYBERTRUCK が第一弾として登場。

 

以降2022年に入り Chevrolet CORVETTE C8RODGER DODGER

The BATMAN BATMOBILE、ほかにTesla ROADSTAR などもリリース。

 

 

Hot Wheels RC BATMOBILEの概要

1  開封

1.パッケージ

パッケージは窓付きの紙箱。

 

大きさは(約) 横156×縦216×厚81mm。

 

パッケージ裏。

 

2.内容

中身を取り出した様子。

 

Hot Wheels RCカーは、トラックレール部品と共に台紙に輪ゴムでとまっている。

 

輪ゴム(透明)を外すか切るかして、取り出す。

 

コントローラは、プラ製の固定部品で台紙にとめられている。

 

内容品を並べた様子。

コントローラ、トラックレール部品、バットモービルRCカー、そして説明書。

 

これまでのHW-RCはブルー色のコントローラだったが、今回はブラックベース。

付属品のトラックパーツは、オレンジ色からレッド色になっている。

 

写真⇩ 海外向け製品には英語の取説が入っている(日本向け製品には日本語)

 

2  概要

1.外観

斜めからの全観。

 

ルーフ側の上面。

 

シャリー側の下面。

 

フロント面とリア面。

 

グレー色のシャシーが気になってしまう…。

 

2.サイズと重さ

 

全長は約75mm。

 

全幅は後輪側で約31mm。

 

全高は約22mm。

 

前輪のタイヤ外幅は約30mm。

 

後輪のタイヤ外幅は約31mm。

 

重さは約22g。

 

 

 

Hot Wheels RC BATMOBILEの分解

1  シャシーの分解

シャシー裏にある2本のビスを外す。

 

ビスを外すとボディとシャシーは二分割になる。

 

ボディはブラスチックの一体成型。

 

2  基板まわりの分解

1.前輪とバッテリー

シャシーに乗っている前輪ウィールを取り出す。

 

バッテリーはリチウムイオン充電池で「3.7V 50mAh」の表示がある。

 

バッテリーは両面テープで基板に貼られている。

 

2.モーターマウントの分解

シャシー後部にあるモーターマウント。

 

モーターマウントの上蓋はハメ込み式なので、隙間にマイナス(-)ドライバーなどを挿し込んで捻れば外れる。

 

上蓋側に2つの小さなモーターが組み込まれている。

 

この2つのモーターがそれぞれ左右の後輪を回すことで走行する。

 

3.モーターのサイズ

モーターの直径は6mm。

 

長さは14mm。

 

2つとも同じサイズのモーター。

 

ピニオンギアの歯数は7枚。

 

4.受信機基板の分解

バッテリーを除くと、下にあるのが受信機の基板。

 

中央のビス1本で固定されている。

 

基板のビスを外した様子。

 

基板の裏側は、充電コネクタやON/OFFスイッチが並んでいる。

 

基板上のプリントを見ると「RX-V2」と確認できる。

 

前々回の”#1 NISSAN GT-R” と同じ基板バージョンの様である。

 

5.シャシーのサイズ

BATMOBILEのシャシー部分の長さは約67mm。

 

幅は約24mm。

 

ウィールベースは約45mm。

 

6.ウィールのサイズ

前輪タイヤの外径は約11.5mm。

 

前輪の外幅(=軸長)は29.1mm。

 

前輪タイヤの外径は約13.8mm。

 

後輪の外幅(=軸長)は29.0mm。

 

車軸径は約1.2mm。

 

後輪ウィールと一体成型になっているスパーギアの歯数は24枚。

 

外径は10mm

 

外せるパーツを全て分解した The BATMAN BATMOBILE

 

 

Hot Wheels RC BATMOBILEの復元

バラしたパーツを順に組んで復元する。

 

1  モーターユニットの取り付け

1.リアウィール

まずは後輪ユニットを取り付ける。

 

中央には2つの軸受けパーツがあるので、所定の位置にはめ込む。

2.モーターマウント

モーターマウントには向きがある。

 

ワイヤー通し穴?の様な突起がある方が前。
間違えて逆に取り付けると、左輪と右輪のモーターが入れ替わってしまう。

 

リアウィールが外れないよう注意しながら、モーターマウントをかぶせる。

 

2  基板まわりの組み込み

1.受信機基板

受信機基板をビスで固定する。

 

2.バッテリー

リチウムイオン充電池を基板上に両面テープで貼る。

 

3  フロントまわりの組み込み

1.フロントウィール

フロントウィールをシャシーに戻す。

 

2.アンテナ線

車軸とアンテナ線は納まり的に干渉しやすいので、アンテナ線を曲げて対処する。

 

4  ボディの取り付け

全てのパーツを納めたら、シャシーとボディを組み付ける。

 

固定ビスは2本。

 

 

Hot Wheels RC BATMOBILE 気になる部分①

1  シャシーの色

このBATMOBILEと前々回のGT-Rは同じ型のシャシーが使われている。

 

カタチは同じだけど色だけが違う。

 

写真⇩ BATMOBILE(左) と GT-R(右)。

 

BATMOBILEの方はシャシーがグレー色。

 

そのせいで、特に真横から見るとボディ下から覗く”灰色”がダサイ。

 

2  シャシーの交換

BATMOBILEは全体的にブラック系でまとめられていることが大事(と思う)。

 

なので、GT-Rに使われている黒色シャシーを交換移植して、BATMOBILEをまっ黒化することにした。

 

とりあえず、両方ともボディを外す。

 

シャシーだけを入れ替えたいので、ウィール前後ユニットも取り外す。

 

GT-Rの黒色シャシーに、BATMOBILEの黒色ウィールを組み込む。

 

モーターマウントをはめ込んで、

 

ボディを戻す。

 

3  交換の効果

ボディ下に覗いていた明るいグレー色が無くなり、違和感ないプロフィール。

 

実はボディ下にあるシャシーはクルマの全周から見えてしまうのだが、ブラック化したおかげで、それが目立たなくなっている。

 

 

Hot Wheels RC BATMOBILE 気になる部分②

BATMOBILEに付属のコントローラは、GT-Rのコントローラと機能全く一緒。

 

なので、詳しくは過去記事を参照 ➡ こちら

 

 

機能は同じだが、見た目の色デザインが違うBATMOBILEのコントローラ。

 

GT-Rに付属のモノは、ブルーベースにオレンジの配色だったが、

BATMOBILE付属のモノは、ブラックベースにレッドの配色になっている。

 

そしてGT-Rのコントローラには「Hot Wheels」のロゴがプリントされているが・・・

 

BATMOBILEのコントローラにはステッカーが貼られている。

 

プリントに比べちょっと安っぽい紙ステッカー下には何が書かれているのだろ?

 

とても気になる!

 

ということで、剥がしてみることに。

 

写真⇩ ハケ塗りタイプの『シールはがし』

 

たっぷり塗ってしばらく経つと、外周から浮き始め剥がせるようになる。

 

破らないようにゆっくり剥がすと・・・

 

なんにもなかった_| ̄|○

 

このままにするか、元のシワシワ紙ステッカーを張り直すか。

うーん・・・。

 

 

まとめ

前回の 『(#2) CYBERTRUCK』に続く3台めのHot Wheels RC『BATMOBILE』。

 

部品の構成はシリーズ通してまったく一緒。
ウィールもシャシーも『(#1) GT-R』と同タイプになっている。
1つ個人的な好みになってしまうが、どうも一体成型プラスチックのボディがあまりカッコよろしくない。

 

スピード重視のHot Wheelsなので軽量化のためと想うんだけど、やっぱり見た目がチープなのである。

 

Hot Wheelsの魅力はやっぱりメタル系の質感だと思っているので、何か載せられそうなダイキャストボディはないか探してみようと思う。

タイトルとURLをコピーしました