【ミニカー】ホットウィールRC 1/64 “専用コントローラ 送信機 ver.2” 中身│分解【トイラジ】

模型

MATTELHot Wheels RC 1/64 Roadsterヒミツを探る②  

 

Hot Wheels 1/64 RC 第4弾 “TESLA Roadster” の車体を分解した前回。

 

過去記事は ➡ こちら

 

今回は新しくなった『新コントローラ (送信機)』の内部を探ってみた。

 

※前バージョンと区別するため以降「コントローラ ver.2」と表記

 

 

 

スポンサーリンク

Hot Wheels RC コントローラv2の分解

1  電池

分解の前には必ず電池を抜いておく。

 

2  固定ビス

ケースを固定しているビスは4ヵ所。

 

プラス(+)ドライバーのNo1番で外せる。

 

3  ケース分割

1.観察

ケースの上下の合わせ目にマイナス(-)ドライバーを差し入れて開いてみる。

 

やはり、このままではケースは開かない。

 

「やはり」というのは……前に失敗経験をしているから。

 

関連記事は ➡ こちら

 

前バージョンもそうだったのだが、Hot Wheels 1/64 RCのコントローラは、スティックの丸い部分を外さないと、ケース蓋が開けない構造になっているのだ。

 

写真⇩ スティック先端の丸い”ノブ”がケースの分割を阻んでいる

2.コントロールスティックの解体

コントロールスティックのノブは軸に接着されているため、

 

   👉   切断するしか取り除く方法が無い

 

つまり壊さないと開くことができないように作られれている。

安全対策のためなんだろうが、それでは修理や改造の時に困る・・・

 

今回も仕方なく、覚悟を決めて丸いノブ部分をバッサリと切断していく。

 

プラスチックを切断できるニッパーを用意。

 

まずは右側のステアリング操作スティック、先端の丸い部分(ノブ)をカット。

 

一度では削れないので、数か所に刃先を入れて小まめに千切っていく。

 

スティック軸は残すので傷つけないよう、先端ノブだけを切除。

 

残っている削りカスも取り除く。

 

左側のスピード操作スティックのノブも切除。

 

両方とも除去手術が完了。

3.ケース分割

改めて、ケース合わせ目にマイナスドライバーを挿し込んで様子を見る。

 

合わせ目を広げてやると、上下に分かれるように開いてくる。

 

上蓋側にある一部のボタンパーツが下に落ちそうなので、コントローラごとひっくり返し、裏面を上にてケース分割を進める。

 

そしてケースが分割できた。

 

 

Hot Wheels 1/64 RC コントローラv2の構造

1  ケース内観

左が基板の入ったケース下部、右がケース上部。

 

ケース上部の内側。

 

ケース下部の内側。

 

2  基板

1.固定ビス

基板の外観。

 

左スティックのVR-1スイッチ付近。

 

ねじりスプリングが付いていて、スティックの中立が保持される構造。

 

右スティックのVR-2スイッチ付近。

 

スティック下方にはトリム調整ボタンが2つ。

 

こちらにも中立用のねじりスプリング付き。

 

VR-2の上には”ブーストボタン”用のスイッチ。

 

アンテナの長さは約35mm。  ※前バージョンの送信機は75mm

2.基板の裏

3か所あるビスをゆるめて基板をケースから外す。

 

基板を持ち上げる前に、”ブーストボタン”スイッチを先に外す。

 

ケースに挿し込んであるスティックのスプリングに注意しながら、基板を浮かせる。

 

基板を外し、裏返した様子。

3.操作スティック

VR-1スイッチからスピード操作スティック部分を引き抜く。

 

同じくVR-2スイッチからステアリング操作スティック部分を引き抜く。

 

操作スティックは、左右とも同じパーツが使われている。

 

3  全パーツ展開

外せるパーツを全て分解したコントローラver.2の全観。

 

 

 

Hot Wheels 1/64 RC コントローラv2の復元

分解したコントローラv2を組み立て直す。

 

1  基盤

元通りに3本のビスで締め直す。

 

2  ケース合体

ケース上部と下部を合わせていくが、表側に並ぶボタン系のパーツが落ちたりすることがあるので、

 

マスキングテープなどで仮止めをしておくと作業しやすい。

 

ケース上下にある凹凸ハメ込み部分を確認しながら、組み合わせる。

 

右肩にあるブーストボタンにも注意。

 

3  固定ビス

ケース上下は4本のビスで固定する。

 

 

 

まとめ

コントローラの違い

新しいコントローラと前バージョンのコントローラを比較してみる。

1.外部の違い

verコントローラ・・・110×79mm

verコントローラ・・・146×108mm

2.内部の違い

基板は全く違うものになり、前verにあった「充電ケーブル」は廃止になった。

 

まとめ感想

おそらく今後リリースされる1/64 RCカーは、この新バージョンのコントローラになっていくと想われる。

 

いや、初のHot Wheels 1/64 RC発売から1年で刷新されたので、もしかしたらまた新たなシステムになるのかも?

 

1/64 RCシリーズもいろいろ楽しみである。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
模型
無有²工作室
タイトルとURLをコピーしました